09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

= FOOD = france gallery

2009/10/01
美味しかったものランキング♪

第1位 エスカルゴ☆
「先入観とのギャップ」という振れ幅によりダントツ!
バジルとオリーブオイルのソースが美味しい。そのソースをフランスパンで残らず頂く。
調理前の姿は見たくないけど。。

1エスカルゴ


第2位 Le Petit Niçois のプリプリエビ☆
フランス累計滞在期間が1年を超える会社の先輩に教えてもらった店です。
ここでは何を食べても美味しいと思う。値段もそれなり。

n前菜


第3位 モン・サン・ミッシェルのオムレツ☆
ツアーの一部だったので有名店の方じゃないけど、美味しかった。
ふわふわしてて、口の中からアッという間になくなる。ほのかな塩味。
一緒にシードル(リンゴの発泡酒)を頂きました。昼間っから飲酒。

オムレツ


その他。
フランスの庶民派メインディッシュは、ポテト+肉+茶系ソースが主流らしい。
この組み合わせが、ツアー中に3回連続あって、さすがに飽きました。。

vチキン


歩き疲れてお腹が減りまくってた時に目の前にあった店で食べたもの。
この手づくりウィンナー、内臓の刺激が強すぎて、口の中がピリピリになった (><)

ウィンナー



スイーツランキング!

第1位 Berthillon のパフェ☆
甘酸っぱいベリーと山盛り生クリーム。爽やかさとコクが程よく絡み合う。中はアイスクリーム。
ボリューム満点なので、是非お腹を空かせて挑みたい。

パフェ


第2位 ベルサイユ宮殿が見える店のエクレア☆
透けて見えるぐらいチョコクリーム(軽めのもの)が詰まってて、私好み。

vエクレア


第3位 アメリの店 Café des Deux Moulins のウィンナーコーヒー☆
ちょっとクリームがゆるくて垂れてきてたけど、生クリーム大好き人間ですので何でもOK。
乗っかってる黒いのはコーヒー豆。

アメリ



おまけ 高速道路のSAで買ったお菓子

お菓子


いわゆる高級フランス料理は食べてないです。
今思うと、食べときゃ良かったかなぁ (あ、でもドレスコードに引っかかりそう (^^;)
スポンサーサイト
00:00 PHOTO GALLERY | コメント(2) | トラックバック(0)

マイケルが判断軸

2009/10/02
マイケルに対する反応如何で、人を判断してしまう今日この頃。

3年ほど前、スマスマにサプライズ出演したマイケル。
これを観ると幸せな気分になれるので、時々思い出しては観てます。
各国の字幕が重なり合っているところに、愛を感じます。



皆が舞い上がる中、香取君だけが大事なメッセージを伝えています。
 「 あなたを愛してます。」
 「 あなたのお陰で、夢を持ち、なりたい自分になれました。」

私もマイケルに対面したら、この2つは必ず伝えるな。

他に伝えるとしたらコレかな。ネットで拾ったファンの言葉。
 「 あなたのファンになれたことが、私の誇りです。」
ファンとして恥ずかしくない生き方をしよう。まっすぐに、シンプルに。


そして、松本人志。



スマスマ出演について話してるから、ほぼ同時期のものかな?
この一連の会話、イラッとする部分がほとんどなんだけど、
マイケル変人報道一色だった頃に 2:57~3:40 の見解を持ってたことに脱帽。
ここで重要なのは、「ファンではない」のに「メディアを鵜呑みにしない」ところ。
笑いってのは社会風刺であり、真実を見抜ける客観性が必要だと私は考えます。
~1:00 の「全く興味ない」ってのにも、一見冷たいようだけど好感持てます。
マスコミが仕事として純粋に視聴率を取りに行ってるのなら、
私たち視聴者がチャンネルを回すこと、雑誌を買うことがいけないんですよね。
(ノリピーの時もうんざりでした。そんなに見たい人がいたんやろか?)

また、一度ファンになってしまうと、絶対的にマイケルの味方になってしまうので、
それはそれで逆に真実を見る目が曇ってしまうかも知れないな、って最近ハッとします。

多勢にも流されず、私情にも流されず、感覚が鈍らないように生きていこう。
22:56 thinking | コメント(8) | トラックバック(0)

日曜深夜残業

2009/10/05
怠け過ぎて、遊び過ぎて、ふざけ過ぎてしまった。。
責任感が無さ過ぎるし、頭が悪過ぎる。。
ごめんなさい、おやすみなさい。。
02:36 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)

中川昭一 氏

2009/10/05
職場に缶詰めだったので、知らなかった。
ショック


ご冥福をお祈り致します。
あなたが残したもの、勉強させて頂きます。


故人の遺志というものは、勧んで受け継ぐべき。
そうして人間は、少しずつ強くなる。
07:37 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)

水晶

2009/10/06
20091006171058
  
水晶には浄化作用があり、キラキラしてて魅力的です。

休日出勤が続くので、週半ばに休みを頂き、徳島にいます。
大好きな水晶をシンプルに連ねて、ストラップにしました。
  
17:11 daybook | コメント(2) | トラックバック(0)

「みすちる」 と 「すぴっつ」

2009/10/07
私、スピッツは大好きなんだけど、ミスチルが苦手なんですよね。

これについては何度も真剣に悩み、好きになろうとしては失敗してきました。
声やメロディの好みは大きい。でもその世界観の違いが一番の原因。
ミスチルの 「正論」 は眩しくてキラキラしているけど、それゆえに息苦しくなる。
スピッツは、自分でも気付けない 「正直」 なものを言葉にしてくれて、気持ち良い。
つまり、ミスチルは 「善悪」 を歌い、スピッツは 「快不快」 を歌う。
ミスチルは 「社会」 を、スピッツは 「個人」 を意識して生きようとする。
更に、私は歌や音楽に 「生活力」 よりも 「想像力」 を求めてる。
ってことで、ミスチルとスピッツを相反するものだと仮定すると、

 「陽」 と 「陰」
 「明快」 と 「曖昧」
 「朝」 と 「夜」
 「地球」 と 「宇宙」
 「生」 と 「死」
など

うん、しっくりくる。いっぱい思いつく。

たぶんミスチルファンの方が、生きるのが上手です。
それでも良いんです。私に 「無いもの」 と 「有るもの」 です。
私は、ミスチルファンに憧れながら、スピッツを愛していきます。

今日の日記は敵が多そうだな。
ミスチルのこと、知らなさ過ぎるのに書いてるし。
私が好きそうな曲があれば、教えて下さい ♪♪
00:00 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)

ニューエイジ

2009/10/08
水晶の種類について調べてたら、「ニューエイジ」 という言葉に出会った。
なんと! 私の思想や信念そのものだったので、ビックリした。

何をするべきか迷ったとき、手近な本を手に持ち、適当なページを開いてみる。
適当なページを開くと、そこに人生のヒントとなることが書かれているという。
ニューエイジャーいわく 「偶然というものはない」。

すべてでひとつである。
偶然というものはない。
弟子の準備が整ったとき、師匠は現れる。
しなければならないことというものはない。
善悪というものはない。
信じる必要はない。
努力はしなくてもよい。
与えたものが返ってくる。
すべてのものは聖なるものである。
人には無限の潜在能力が備わっており、自分で自分の現実を作る。
アファーメーション(自分に対して語りかける肯定的な言葉)


おぉ~、ほぼ100%当てはまってるんですけど・笑
私も一種のカルト的思考に洗脳されてるんだろうか!?

でも、良いじゃないですか (^^)☆
私が幸せな気分でいたら、少なくとも周りの人は幸せな気分になる。
それだけで良いじゃないですか \( ^^)人(^^ )ノ

この結論が、まさに ニューエイジャー か。
00:00 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

ブログ書籍化 その2

2009/10/09
気まぐれに、また日記本を注文しました。ポチっと。
前回 → 『 私のブログ本
時間を掛けてきたものは、カタチにして残しておきたいんです。

年齢を重ねるにつれ、書く頻度が増え、文章が長くなり、写真が重くなり、
年単位では一冊に収まり切らなくなりました。
ただ駄文を重ねているだけでなく、一歩ずつでも成長しているでしょうか。

右のカラムにある、私が書く理由。
これは自分自身のために載せてます。

  良いことも悪いことも同じ
    成長に繋がる歩みだから
      日々の生活で感じたことを
        ここに発信して進んでいく

  Think Globally, Act Locally.
            そんな生き方を目指して


さて、今まで過去の記事が見にくかったので、それを解消するため、
「Calendar」と「Archive」における表示を「古い順に10件」としました。
書きっぱなしではなく、過去を自分で確認しながら進んでいく。
00:00 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

MJの歌声

2009/10/10
今日は、MJの歌声がどれほど好きかを書きます。笑
これでも書きたい衝動を抑えてるんですよ!
勝手な思い込みによる、かなりテキトーな自論を展開させて頂きます。

MJの曲を100回も1000回も聴いてしまうのは、やはり面白いからであり、
それは痺れるようなイントロだったり、脳裏に焼きついたダンスによるリズム感だったり、
気分によって様々なのですが、最近は専ら 「英語の発音方法」 に魅了されてます。

MJの歌声には、混じり気のない美しいファルセット、パーカッシヴな息遣い、
ドラムにもベースにもなれるアーティキュレーションの深さ等、多くの魅力がありますが、
最近、はまってしまう一番の理由は 「みずみずしさ」 かなと感じ始めてます。

MJは、普通に話す時は美しく優しい模範的なアメリカ英語を使います。
(アメリカ英語というのは、例えばRの発音の際に積極的に舌を巻くとか)
でも歌となると、彼独特の発音が ここぞ!というところで多用されてます。
「come on」 を 「ジャモーン」、「kid」 を 「チェッド」 って言ったり、
「human nature」 を 「シューミンネイチュー」 って言ったりと、
耳ざわりや歌いやすさに対するこだわりを発見するのが楽しい。
また、口の中を狭くして、より息のスピードを速めるような歌い方をします。
そこから感じるものは、透明感でもなく、荒々しさでもない。
じゅるっとしたジューシーな感じです。ウォータリングキスミントみたいな(意味不明)
有機的、セクシーといった表現もできるかも。ウェットに、直接感情に働きかけます。
更に、イギリス英語の上品さと黒人英語のヒップホップな発音を織り交ぜてます。
それらを効果的なフレーズにピッタリ当てはめてるので、とても気持ちが良いのです。
また、ささやくような音量なのに呼気の量が多いというブレッシーな歌い方によって、
サビやシャウト以外の部分でもスピード感を失わず、かなり気持ちが良いです。

MJの音は丹念に創り込まれてるから、聴くたびに新たな部分にはまってしまう。
だから飽きずにいつまでも聴き続けてしまうんですよね、私は。

持って生まれた先天的な「声」、後天的に身についた「センス」、そして「努力」。
まさに全てを兼ね備えた天才が残した財産を、有機的に消化していきたい。

あぁ、カッコイイ生き方をしたいなぁ。
23:26 favorite | コメント(2) | トラックバック(0)

Le Petit Prince

2009/10/11
シャルル・ド・ゴール空港で買った 『 星の王子様 』 を読み始めました。
そして、オルセー美術館で買ったクロード・モネのしおりを使ってます。
フランスの香り満載ですね ・*:・.。゜・*:・.。゜・*:・.。゜・*:・.。゜・*:・.。゜・*:・

星の王子様

本当は本場フランス語のを買うべきだったけど、ちゃんと読みたかったので英語にしました。
辞書がいらないような、中高生レベルの語彙で書かれてるので、
英文に慣れるのには最適の入門書かも知れません。絵も可愛くて、カラーページ満載。

『 大切なものは、目に見えないんだよ。 』

というフレーズしか知りません。どこで出てくるかも知りません。読んだことないです。
昔は、興味がなかったので。今は、読むべきだと感じています。

英語を習得するのが目的ではなく、物事の本質を理解することが目的なので、
「好きなことを続けてただけなのに、気付けばネイティブ並みの英語が身についてた!」
っていうゴールを目指してます (●^-^●)ノ 楽しく頑張ろー♪
22:34 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。