04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ドライブ中

2010/05/01
愛車のBGMはジュディマリ 「散歩道」

インナーチャイルドが元気になる曲です (^^)

日本列島がドライブ日和な黄金週間☆
スポンサーサイト
08:54 daybook | コメント(2) | トラックバック(0)

徳島阿波おどり空港

2010/05/04
4月8日にオープンした 徳島阿波おどり空港 は、
ふるさと徳島の新名所になりうるでしょうか?

awa.jpg

今のところ全く無駄な滑走路延長・・・はさておき。
神戸空港ほどではありませんが、そこそこ綺麗でした。
空港好きの私としては、たまに遊びに行くことになりそう。
徳島の全てを詰め込んだような場所になっております。

すだちくんに遭遇 (=^▽^=) ← 顔文字

すだちくん

「すだちくん」とは、1993年に東四国国体が開催された際に、
徳島県のマスコットとなったキャラクターです。
その後も観光PRのため、単独で活躍を続けています。
経歴の長さゆえ、徳島県人なら老若男女100%知ってるはずです。
現在は ゆるキャラ としてメジャー進出を狙ってるかも??

・・・・・・!!!

すだちさん

すだちさん!そんな姿を公共の場でさらしちゃダメですよ!!
さすが、徳島ならではのゆるさです。笑
00:09 pastime | コメント(4) | トラックバック(0)

初夏の四万十川

2010/05/04
などなど、西土佐ドライブのまとめ。

とある道の駅からみえた茶畑。
緑がまぶしい。

茶畑2




四万十川にかかる沈下橋。
汗ばむ陽気、川沿いを爽快ドライブ。

沈下橋




四万十川をのぼる屋形船。
ちなみに私は、カナディアンカヌーを漕ぎました。

屋形船2_edited-1




日本三大カルストのひとつ、四国カルスト。
牛が放牧されていました。

四国カルスト2




さぁ、森の中へまいりましょう。
小道を抜けて、さらに奥へ。

mori.jpg




トチノキ。

トチノキ




聴こえるのは、小鳥の声だけ。

森の中




大切にします。

森を大切に
22:13 PHOTO GALLERY | コメント(0) | トラックバック(0)

感動脳

2010/05/06
今はやりの脳科学についてのテレビで知りましたが、
感動すると、脳のカタチまでもが変わるらしい!
この言葉自体に感動しました ゚・:,。☆゚・:,。☆゚・:,。☆゚・:,。
不可逆的に進化した、という実感が湧きます。

私は、疑似科学が大好きです (^^)
それは 「荒削りな夢の原石」 だと感じます。
(この件は擬似では無いみたいですけど 例:東大脳になる勉強習慣
どんな正当な科学でも、疑い出したらキリがないですしね。
私にとって、信じるか信じないかの根拠は 『 共感 』 です。
自分が納得できさえすれば、それは自分にとって正しいこと。
(もちろん用途は自分のためだけ。他人に強要はしません)

アインシュタイン先生語録より
感動しない人生を送るのは、生きていないことと同じである。

さらに、感動は外側からのみもたらされるものではなく、
考え抜いた末に湧き起こる内側からの感動が 「悟り」 だと思います。
いずれも、電気が走るような皮膚感覚ですね (*^ ^*)

悟り(サトリ)とは何か?
それは差(サ)を取り(トリ)去ること。
自分と他人の個性の違いを認め、
心の壁をできるだけ低くして、
心や気持ちを共有すること。
これは人間同士だけでなく、
動物や自然にも当てはまります。

source:

小さな感動を積み重ねられることが、毎日の幸せ (^^) ♪
新しい思考回路を構築して、感動脳を進化させながら生きていく。
11:06 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)

アンネの日記

2010/05/06
今日、ふと心に浮かんだのは、
戦争の最中でも生きる希望を書き続けた、
15歳の少女のこと。

アンネ


自分でも不思議なのは
私がいまだに理想のすべてを捨て去ってはいないという事実です。
だって、どれもあまりに現実離れしすぎていて
到底実現しそうもない理想ですから。
にもかかわらず私はそれを待ち続けています。
なぜなら今でも信じているからです。
たとえ嫌なことばかりだとしても人間の本性はやっぱり善なのだと。

1944年7月15日



私も信じています。
人はみな不完全(悪)で生まれてくるからこそ、
完全(善)を目指して生きていくのだと。

私は、頭の賢さには限界を感じるけれど、
心の賢さは未開発なので、可能性は未知数です。

闇に差す光のような存在になれる日を夢見て。
キレイゴトを並べて生きていきたい。
22:40 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

人生の休息

2010/05/07
私は今、仕事でも悩んでいないし、人間関係でも悩んでいないし、
健康で文化的な最低限度の生活(日本国憲法第25条1項)を営んでいる。

思春期以降の人生で、こんなに幸福な時期って無かった気がする。
だから、今は 『 人生の休息期 』 なんだな、と捉えています。
実は、面倒なことを回避してるだけなんだけど、それも確信犯です。
休暇を与えるのも仕事を与えるのも全て自分自身、という実験。

そんな姿勢が、このブログに表れています。
誰の名言か忘れたけど、こんな感じ。

体を動かしている時ほど、心はシンプルに。
体が落ち着いている時ほど、心を忙しく。


う~ん、うろ覚え・・・
誰の言葉か分かりますか?
気になる・・・

今は、来たる試練に備え、自分自身を肥やし耕す機会を与えてくれている。
そんな気がする、というかそう考えるとやる気が出る。
心が忙しく飛び回っているので、とにかくブログが忙しいのです。
20:10 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

千里の道

2010/05/08
道_edited-1

千里の道も、一歩から。
その先にゴールはない。
ただ光に向って進むだけ。

人は人と対面するとすぐ、自分より強いか弱いか、
優れているか劣っているか、美しいか醜いか、
いじめっ子かいじめられっ子かを判断して、
レッテルを貼ったり、囲い込んだり、格付けしたりする。

これは、思春期に形成される本能的なものだと感じる。
そしてそれは、とても動物的だと感じる。
動物は、生き残るために瞬時に相手の力量を見極めねばならない。
でも私たち人間は、それらのせいで不幸になることが多い。
そこで人間には、知恵がある。
自分の心の仕組みを意識的に見つめ、コントロールすることができる。

人のレベルというものは、確かにあると感じる。
先天的な才能(つまり個性)のことではなくて、心の段階のことである。
それを本能的に 「上下」 で表わすべきではない。
意識的に 「前後」 で感じられるよう、努めるべきである。
つまり、マラソンや登山と同じと捉える。
タイムはそれぞれ違えど、必ずゴールに辿り着くことができる。

先に進んでいる人は、後ろにいる人の気持ちがわかる。
通ってきた景色を覚えているから。
そして一歩でも進めるよう、手を尽くすことができる。
一緒に素晴らしい景色を眺めたいから。
でも、後ろの人は前方の景色を説明されても理解できない。
自分の目で見て、初めて感じることができるから。
そう思うと、前にいる人に対して嫉妬心を抱くことはない。
敬意を抱き、相手を観察しようとするから。

悟るとは、そういうことだと思う。
上も下もない、みんな平等に同じ一本の道のりを行く。

ある人のブログに、こんな言葉があった。
「先生とは、先に生まれた人ではなく、先に生きる人である。」
年上ということではない。自分の前を歩く人である。
00:43 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

生活をつくる

2010/05/08
礼儀とは、正しい作法を日々鍛錬することによって、
自らの身体のあらゆる部分と機能を完全なる秩序へ、
身体そのものと身体を取り巻く環境との調和へと導き、
肉体における精神の支配を体現するということを意味している。

優美であることが力の節約を意味するという見通しが
真実であるなら、優美な態度を日々鍛錬することは
力を蓄え温存することになるはずである。


「武士道」 第6章 礼儀 より
なんとこれは! 私の目指すミニマルな生活そのものですね!

過保護だったためか、私は長いこと他人軸で生きてきたので、
食事の時間や寝る時間、一日のピークとなるイベントづくり、
これらを一人でコントロールするのはなかなか大変。

最近、休日を一人で過ごすときは、
予定が狂うのでなるべくテレビは見ない、ネットしない。
テレビもネットも大好きだけど・・・心得として。

今日は、MAZDAにガラスコーティングしに行きました。
アウトレットで春夏靴と春夏服を買いました。
お昼はカレイのムニエルをつくりました。
ミスドのクッキークルーラーを食べました。
武士道を読みながら、クラシック100を聴きました。
あまりに心地良いので、いつの間にか昼寝してました。
夜は徳島名物そば米汁をつくりました。

そば米汁_edited-1


明日は、鮭のそぼろをつくります。
武士道の続きを読みます。
理由ありマンゴーを食べます。

規則正しい生活って、とても達成感がありますね (^^)
ごく普通ですが、依存心の強い私にとっては、普通って大変です。
日々の気付きの小さな一歩が、確実な一歩となりますよう。
22:20 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)

夢 と dream

2010/05/09
寝て見る夢と、将来の夢。どちらもdream。
日本語と英語は最も遠い距離にある言語なのに、
なぜ同じ単語を使うのでしょうか?
たまに気になってたので、調べてみました。

「夢」 の共通点は、
・ どちらも自分の脳内にあるもの
・ ぼんやりとして儚くて、掴めないイメージ
・ 実現しそうにないほど現実離れしたもの

もともと欧米で使われてた 「将来の夢」 の概念を、
日本語に翻訳したのがルーツっぽい。

なんだ、欧米化か・・・
民族の枠を超えたロマンを感じてたのに、
調べたことで夢が打ち砕かれた気分です (^^;
しかも、キラキラした確かなものではなく、
今にも消えてしまいそうな幻想のように感じますね。

さて、私は 「将来の夢」 について考えています。
今までも夢は持っていたのですが、
それはマイナスをゼロにリセットすることでした。
でも、この世界に生まれたからには、
何かプラスのものを残さねばならない気がします。
大袈裟なものじゃなくて、確かなものを。

私の天職、与えられた使命、社会での役割は何だろう?
日々の生活の中で 「夢探し」 をしていこうと思います。
例え実現しなくても、最期まで夢を持ち続けることが、
生命力の源、自分らしくあるためのツールだと信じています。
23:59 tea break | コメント(2) | トラックバック(0)

先輩

2010/05/11
「狼に育てられた少女」 はでっち上げだと言われているけれど、
人間は自分以外の他人を 「まねる」 ことで成長していく。

でも 「自分以外は皆師」 なのに 「自分を信じろ」 というのは、
矛盾のような気もするけれど、どう捉えれば良いんだろう?

とか言いながら分かってるんですけどね。集中することですね。
より多くの他人の意見を参考にして、最終判断は自分ということ。

ここ数ヶ月、先輩のいない仕事をしてて、全く成長を感じてなかったけど、
このたび先輩ができました! 仕事が楽しくなってきた!
19:50 daybook | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。