11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

敏感な人の鈍感力

2010/12/21
ブログ記事 『 敏感な人の鈍感力 』 より引用。

今は神経質な人、感覚が鋭敏な人にとって辛い時代である。
色々なことが気になる人は心身が疲れても仕方がない。
「鈍感力」という言葉が流行するのも頷ける。

神経質であるが故に不適応を感じてしまう場合があるだろう。
このとき、通常は神経質であることを治そうとする。
自分にも言い聞かせるし、他人からも助言されることとなる。
しかし、これで上手くいくことはあまりないのではないか。
無知から知にはなれるが知から無知にはなれないように、
自然と気付いてしまう人に気付かないようにしようというのは困難なこと。
無理に抑えこんでも頭の奥では気がかりな状態が続き、心身に負担がかかる。

それではどうすべきなのだろうか。
「いっそ気になることにとことんこだわってしまえ」というのが今回の提案である。
気になったところは満足のいくまで突き詰めてしまう。
こうすると、最初に挙げたようなマイナス面が出てくるのでは?という疑問が生じよう。
非効率になるし、すぐに成果は出ない。器用な人たちは先に行ってしまうように見える。
しかし、ここで諦めないことが肝心である。
本気でこだわった経験というのは身体に残るもので、
次の気付いたことに対してだんだん応用が利くようになってくるものである。
そうすると最初は「あれもこれも気になるから全部やらなきゃ」という状態だったのが、
「あれもこれも問題となるが重要なのはこれ」と選別できるようになってくる。
深い分析をしながら効率性も確保できるようになるのである。
そして最終的には、鈍感な人と同様に泰然自若とした態度をとれるようになる。
不適応なのは「神経質すぎる」のではなく「神経質さが足りない」からなのである。

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

この記事に辿り着いた時、涙が出そうなほど感動してしまった。
「そのままで良い」って肯定されると嬉しいね。楽しいね。どうもありがとう。

さらに、「神経質さが足りない」という指摘には心から納得。。
受け取った情報や湧きあがる感情を、ちゃんと処理しきれていないからね!

繊細なアンテナを張りつつも、表面サラッとした軽い人間になりたい^^♪
スポンサーサイト
22:01 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)

頭のネジをユルめよう

2010/12/21
ブログ記事 『 頭のネジをユルめよう 』 より引用。

お気楽というのは、簡単に言うとアタマのネジをゆるめた状態だ。
頭のネジがゆるんでると、他人からはアホに見える。

頭の中の「言葉で考える部分」と「身体に関わる部分」をくっつけているネジ。
そのネジを緩めるとなぜアホに見えるのかというと、考えた通りに行動できないから。
考えた通りに行動するというのが近代的人間である。

人間以外の動物のネジはユルユルだが、それでちゃんと生きている。
というか、この地球上の動物の歴史においてはそっちが普通である。
ネジをキチキチに締めるのは人間の動物性を否定しようとすることだが、
否定される「身体に関わる部分」というのも何かを考えているに違いないのである。
ネジを固く締めると「身体に関わる部分」が自由に動けなくなる。
ということは、要するに我々がうまく行動できないということである。

余計な力が入るのは言葉で考えた通りにしようとするからだ。
ネジをきつく締めているほど力が入って、しんどい割に成果は上がらない。
ネジは緩めた方がうまくいくのだ。「ネジを緩める」とは身体の力を抜くことだ。

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

最近、職場に「頭のネジがユル」くて「鈍感」な天才肌の女の子がやってきて、
私は仕事モードでネジをギュッと締めたいのに、毎日ペースを乱されてる。。
会社勤めは近代社会に尽くすものだし、そこに楽しさがあるからね!

その子はよく怒られるらしいけど、何でなのか自分では分からないらしい。
私からみれば明確なんだけど^^; どっちが幸せなんだろう?と考えてしまう。
ネジの緩みとひきかえに、才能と行動力が手に入るみたいですよ。

最終的には、良いとこ取りで「頭のネジがユル」いけれど「敏感」を目指します^^♪
22:35 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。