03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

花会式

2011/04/02
薬師寺の南門前。
枝垂れ桜は、私が大好きな花のひとつ^^

枝垂桜



今日は 「 花会式 」 です。

薬師寺



まずは野点を頂くことに。

野点



お茶菓子。

和三盆



稚児行列。

稚児行列



昼食会の行列。

昼食会



かわゆいサイズのお弁当。

お弁当



見事に満開の、薄墨桜。

薄墨桜


のんびりゆったり、心が洗われました^^
神社や寺院が大好きです♪
スポンサーサイト
20:52 PHOTO GALLERY | コメント(0) | トラックバック(0)

我、自閉症に生まれて

2011/04/03
人には誰でも変なところがある。
いわゆる普通の人ってのは完璧な人のこと。

俗に言う神経症・依存症・躁鬱病の予備軍の人たちはたくさんいるので、
精神障害者と健常者は紙一重だと思う。
遺伝要因と環境要因とタイミングが重なり合い発症するんだと思う。
私には自閉症の気があるから、この本はすんなり読めた。

我、自閉症に生まれて我、自閉症に生まれて
(1994/03)
テンプル・グランディン 他

商品詳細を見る


著者は重度の自閉症でありながら、科学者として世界中を飛び回る女性。
もちろん本人にしか理解できない症状は数多くあるけれど、
葛藤しながら前へ進むその姿は、健常者と何ら変わらないと感じた。

私もこういうテーマでなら自伝を書けるぐらいの熱意がある。笑
話すのは苦手だけど、文章では饒舌です。
当時は考えられなかったけれど、今はとりあえず社会人できてるし^^♪
それは、ありのままの自分を受け入れてくれた周りの人たちの優しさの賜物。
どれだけ感謝してもしきれないぐらい感謝しています。

大切なのは、過去の記憶は捨て去ることができないということ。
でも、その定義なら変えることができるのです☆
嫌な思い出を心から 「 ありがとう 」 と温かく包み込めるようになってこそ。

これからも、3歩進んで2歩下がりながら確実に前進していきます!!
難しいからこそ、生涯をかけるやりがいがあるのかも知れないね^^

2010年2月、テンプル・グランディンが彼女の脳の働き方について話しました。
「絵で考える」能力が、一般的な脳が見落としがちな問題の解決に役立つと言います。
世界は、自閉症の領域にあるとされる人たちを必要としていると訴えます。



ただ、当然ながら著者のような天才型は一握りの人たちだけ。
才能を開花させるより、まずは社会性の欠如をどう克服するかが最優先です。

そうは言うものの、自分の個性や自由を肯定的に捉えられるのは嬉しいこと。
人間の果てしない可能性を感じられて面白いですね。
21:36 review | コメント(2) | トラックバック(0)

紅枝垂コンサート

2011/04/10
京都までお花見に行ってきました^^♪
まずは御所の桜。

御所の桜


京都御所は、明治維新まで歴代天皇がいたところ。
近代日本への第一歩である「王政復古の大号令」が発せられた御学問所では、
龍馬伝のシーンとかを想像してゾクゾクしました!
現在は国有財産として宮内庁が管轄してます。
見学は申込制だけど、春と秋に各5日間だけ一般公開されます。


そして近くの 京菓子 俵屋吉富 にて、抹茶と花筏を頂く^^

抹茶と花筏


夜はいよいよ平安神宮へ。
境内には約250本、およそ20種類の桜があり、その半数近くが「八重紅枝垂」です。

紅枝垂


圧巻の美しさ ゚・:,。☆゚・:,。 日本が誇る夜桜 ゚・:,。☆゚・:,。 キラキラ ゚・:,。☆゚・:,。

桜


そして肝心の 紅しだれコンサート ではデジカメの電池が切れてしまい^^;
仕方なくケータイで撮影したけど、伝わるでしょうか?
幻想的な照明とバイオリンの音色が醸し出す雰囲気は、とても神秘的でした ゚・:,。☆゚・:,。

紅枝垂コンサート


次の日は、西陣あたりをうろうろ。まーったり、のーんびり。
北野天満宮近くの がまぐち・口金のまつひろ商店 にて、かわゆいバッグを購入^^♪
最後に、活気あふれる 京都の台所 錦市場 をプラプラしました☆

残念なのは、風評被害のためか外国人がほとんどいなかったこと。。
とある町屋を見学させて頂いたのですが、キャンセルが相次いで困ってるとのことでした。

日本人として自粛すべきかどうかは、それぞれの事情や価値観で判断すれば良いよね。
とりあえず西日本では積極的に消費していようと思います!
21:44 pastime | コメント(0) | トラックバック(0)

息抜き

2011/04/17
仕事はいくら忙しくても構わないんだけど、
人間関係に疲れてしまったので、土日は息抜き。

土曜は朝から美容院に行って、
声と性格が吉高由里子似のアシスタントさんに癒され、
最近購入した赤眼鏡に合う髪型になって気分上々だったので、
三ノ宮に買物に出掛けました。

たまたま Artists' Act for Japan 関西 というイベントに知人が出ていたので訪問。
パンデイロという楽器を鳴らしてました。上手い♪

そこでロシアの女性からチェブラーシカの置物を買いました。
この情けないへの字眉がかわゆい^^ 我が家の妖精☆

チェブラーシカ


その後、大丸で買い物したのですが、
目的のものでないものばかり買ってしまった。また散財。。

夜は Live House and Restaurant POCHI にてチャリティライブを観賞。
大震災の被害に遭われたご家族を持つ方がメンバーにいらっしゃって、
貴重な実体験のお話を聞くことができました。
また、復興支援から六甲おろしへと繋げる、熱い心を持ったおっちゃんも。笑

最後に FLASH!!! 中田ヤスタカ(capsule) TOUR 2011 へ。
そのアイドル?神?っぷりが半端なくて窒息するほどの押し合い圧し合いでした^^;
もともとミーハーな動機なので、そんな雰囲気を楽しみつつフェードアウト☆


さて日曜日。仕事のことが頭をよぎります・・・
社交的でない私に、摩擦や亀裂を修復する潤滑油のような働きができるのか。
ネットで素敵な助言を見つけたので載せておきます。

理不尽な経験、悔しい経験、腹が立った経験、泣いた経験、絶望した経験から、
人の情けのありがたさや人の心の痛みが分かり、人間的に成長していくのです。
お給料を頂きながら、日々学んで自分を向上させていける、凄くありがたいことです。
それは正に「社会の荒波」に揉まれることでしか出来ないこと。
それがメリットです。デメリットは特にありません。


今までは温室のような環境にいたんだ、ということを身に沁みて実感。
社会の荒波はストレスフル。独り立ちのための修行をありがとう。
考えると気が滅入るので、何も考えずとにかく動こう。
12:52 pastime | コメント(0) | トラックバック(0)

War is over

2011/04/21
ネットどころか、洗濯、掃除、睡眠・・・
をする時間もないほど忙しい日々を送っておりましたが、
最近、一区切りつきました。

まるで初めて甲子園に出られた部員ギリギリの高校野球部が、
いきなりメジャーリーグから声を掛けられてプレイするような。
文化の壁、言葉の壁、そして野球のルールの壁にぶち当たる。
空振り三振、デッドボールにちょっとバントが混ざりつつ、
結局は完全試合となり無言でグラウンドを去っていくことに・・・
我ながら上手く表現できました。今の職場の状態です^^;

頭の中で何故か John Lennon の Happy Christmas (War is Over) が流れて、
「 あぁそうか、戦争が終わったんだ。 」 と気付きました。不思議ですね。




ある部分では、一皮剥けた気がしています。

嫌ってくれる人、怒ってくれる人、無視してくれる人、
これらの人たちのお陰で、私は現状に留まることなく成長できる。
逆境で、少しホッとしてる私なのでした。

区切りはついたけど、まだまだ忙しい日々は続きます。
さぁ、新たな戦争の始まりです。
自分との闘いです。
00:27 thinking | コメント(4) | トラックバック(0)

似て非なるもの

2011/04/21
孔子は言いました。

 私は 「似て非なるもの(外見が似ていて中身が全く違うもの)」 を憎みます。
 莠(はぐさ)という植物を憎むのは、私たちにとって大切な穀物の苗に似て紛らわしいから。
 口先のうまい人を憎むのは、その言葉が義(正しい筋道)に似て紛らわしいから。
 言葉を上手に扱う人を憎むのは、間違っていてもまるで真実のように聞こえ紛らわしいから。
 鄭(てい)の国のみだらな音楽を憎むのは、優雅な音楽に似て紛らわしいから。
 紫のような中間色を憎むのは、正色である朱色に似て紛らわしいから。
 そして偽善者を憎むのは、ほんとうに徳のある人に似て紛らわしいからです。


ウォルト・ディズニーは言いました。

 The special secret of making dreams come true
 can be summarized in four C's.
 They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy.
 夢をかなえる秘訣は4つのCに集約される。
 それは 「好奇心」 「自信」 「勇気」 そして 「継続」である。


あえて付け加えるなら Concentration 「集中」 も必要だと思うけど、
「継続」 に含まれているとも解釈できる。

まず初めに、ベクトルは様々だけど、とあるキッカケで 「好奇心」 が生まれる。
次に、好奇心があると、自分のことが大好きになり 「自信」 が生まれる。
更に、上記2つがそろえば、自然と 「勇気」 が生まれる。
そして最後に、私に足りないもの、まだ分からないものが 「継続」 なのです。

私にとっては 「継続」 出来るか出来ないかが 「似て非なるもの」 かどうかだと思う。
本物と偽物の違いが、良く分かるようになってきた。

偽物で終わりたくない。
本物になりたい。
23:05 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

週末博多

2011/04/26
旅をしたくなる季節ですね!

会社の仲間とのんびり二日間。
よか旅だったばい☆

福岡タワー

福岡タワー



から観た夕日

福岡タワーからの夕日



太宰府天満宮
名物の梅ヶ枝餅と抹茶

梅ヶ枝餅



海の中道
ヤギの駅長

うみなか

その他ラーメンや屋台など、博多の基本は押さえました。
全部おまかせだったのでアリガトウございました☆


そのまま初めてのプロ野球観戦へ。
@ほっともっとフィールド神戸(旧スカイマークスタジアム)

楽天

楽天は当面、本拠地を関西に移すらしい。この日はこの場所。
日ハム斎藤佑樹をギリギリ見逃した・・・
思いのほか簡単に入れることが分かったので、またフラッと行ってみます^^♪
00:24 pastime | コメント(2) | トラックバック(0)

ボヘミアン

2011/04/30
28日に新入社員の配属先が決まって、
その後の懇親会に若手社員として参加しました。
みんな明るく前向きで、刺激になりました^^☆

営業本部長が突然 「ボヘミアーン!」 て叫んで大ウケ。笑
ボヘミアンとは・・・
伝統や習慣にこだわらない、自由奔放な生活をしている者。

なるほど、我が社はそんな感じで行くのねー。笑
ほな自由にやらせてもらいます^^♪
22:55 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。