08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

社会的欲求4タイプ

2011/09/03
台風につき、家でゴロゴロなう☆

最近、岡田斗司夫の 「社会的欲求4タイプ」 のことを考えています。
MAQUIA 10月号にも掲載されていますので是非やってみて下さい^^♪

判定はここで → facebook 4タイプ判定テスト

人間誰もが生まれながらに持っている社会的欲求を4つに分類!
対人関係の円滑化やストレスの軽減はもちろん、
自己管理の効率化や自分にあった生き方を目指すためにも役立ちます。


 司令型(外向的で現実的) 『 勝ちたい! 』 女子アナタイプ
   ストレス:人が自分の指示に従わないこと、ライバルがいないこと
   発散方法:聞いてくれる手下を確保して、好きなだけ悪口を言いまくる

 注目型(外向的で抽象的) 『 目立ちたい! 』 アイドルタイプ
   ストレス:暇な時間が多いこと、他人がかまってくれないこと
   発散方法:周りに親切にして、自分を許してくれる人をどんどん増やす

 理想型(内向的で抽象的) 『 出来るようになりたい! 』 芸術家タイプ
   ストレス:理解してもらえないこと、孤独感に落ち込むこと
   発散方法:正しいことを一緒に求めていける心の師匠を持つ

 法則型(内向的で現実的) 『 知りたい! 』 科学者タイプ
   ストレス:根拠の分からないこと、盛り上がりを強制されること
   発散方法:無理して周りの世界に関わらず、答えのない問題は保留に

誰がどのタイプに当てはまっているかを考えると、
ナゼあの人に憧れるのか?ナゼあの人が苦手なのか?
ってのが腑に落ちて納得できます!

私は「理想型」でした。
笑っちゃうほど当たってる。笑
狭い世界の中で崇高であろうとしているん。
でも解説を読んでいると「法則型」にも近い気がしてきます。
熱い時は「理想型」、冷めてる時は「法則型」なのかも知れませんね。

かといって「司令型」と「注目型」の気持ちが全く分からないわけではない。
その欲求の程度の問題で、チラホラ見え隠れする時もあります。

例え自分がどんなに扱いづらいヤツでも、
しょうがないなぁ~って可愛がってあげることが大事ですね^^♪
ひとつに偏り過ぎないよう、自分に無いものを見習って・・・

さて、おやつに不二家のケーキと小粒のブドウを食べよう☆
スポンサーサイト
14:22 tea break | コメント(0) | トラックバック(0)

MONSTER

2011/09/07
ハマってます^^♪
サイコスリラーのスピード感☆ It's sooo cooooool!!!

MONSTER 全18巻 完結コミックセット(ビッグコミックス)MONSTER 全18巻
(ビッグコミックス)

浦沢 直樹

商品詳細を見る



犯罪心理学(サイコパス)のマイブーム、再到来。
以前は、犯罪者の心でさえも理解できるかも知れない!と意気込んでいたけれど、
今度はもっと客観的に(当たり前^^;)学んでみたい。


今、読んでます。

サイコパスという名の怖い人々―あなたの隣りにもいる仮面をかぶった異常人格者の素顔とは (KAWADE夢新書)サイコパスという名の怖い人々―
あなたの隣りにもいる
仮面をかぶった異常人格者の素顔とは

(1999/11)
高橋 紳吾

商品詳細を見る



次、読みます。

サイコパス-冷淡な脳-サイコパス -冷淡な脳-
(2009/07/17)
ジェームズ・ブレア、
デレク・ミッチェル 他

商品詳細を見る



事実を知れば知るほど、この漫画が如何にリアルかが分かり、
浦沢直樹の勤勉さと想像力に感嘆!その才能に惚れ惚れしてしまいます (☆∀☆)
22:29 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)

秋の始まり

2011/09/12
気温は夏並みでも風が心地良くて、秋の始まりを確かに感じられますね。
そんな週末は故郷の徳島へ。(しょっちゅう帰ってますが^^;)

Hallelujah Sweets Kitchen @徳島松茂町
2011年6月末にオープンしたばかりのスタイリッシュな店舗です!
高速道路(関西)や空港から近いので、県外の方も気軽に立ち寄れそう。
店内のカフェからソテツや田園風景が見えて、リゾート地にいるような気分☆

ハレルヤ


徳島の代表的な銘菓のひとつである「金長まんじゅう」の工場見学ができます!
皮がチョコ味で中が白餡というオンリーワンなお饅頭です。美味しいよ^^♪

日曜日には、阿波踊りも手軽に楽しめます。

よあかし



清水新也展 @そごう徳島店
知らない画家さんでしたが、たまたま開催されてたのでフラッと立ち寄ってみました。
徳島に生まれ、主にフランスを活動拠点としているそうです。
子供の頃の無邪気な夢の世界を、大人になっても忘れないでいて欲しい、
という願いが絵のあちこちに散りばめられているそうです。

サントロペの詩

win1069.jpg



エーゲ海の詩

new3796.jpg



希望の詩(NOAH)

win3682.jpg


何とも可愛らしい色使いですね ゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。
実物を見てみると、ネット上では表現できないような蛍光色が使われています。
機会がございましたら、是非ご覧になって下さい^^♪

キレイな中秋の名月も堪能しました。
食欲、芸術、旅行、読書、スポーツ etc. の秋ですね!
23:24 favorite | コメント(1) | トラックバック(0)

天然ボケという宿命

2011/09/15
最近、天然ボケは治らないんだなーと諦めモードです。
天然ボケなキャラに対して、大人の社会は冷たいです。

ユングのタイプ論

<内向的直観タイプ>
カンは良いのですが、自分の内側に向かうため
直観タイプの非現実的な側面が強く現れています。
ユングの言う「直観」は無意識による総合判断であり、
内向的直観はその中でも特に「集合無意識※」と呼ばれる領域と
強く結びついていると言われています。

要するに、このタイプの人は、
普通の人なら心の奥底に眠っているままのイメージが
こんこんと湧き出だしているタイプ・・・といったところです。
このタイプの人がその内的イメージへの直観を発達させると
新しい文化や芸術、思想の先駆者となることもあります。
ただ、あまりにも前衛的、あるいはイメージ的でありすぎるため、
なかなか世間的には理解されず、よき理解者や宣伝者にめぐり合えないと、
または他の心的機能を補助機能として活用できないと
単なる奇人変人としか見られなかったりします。
かなり現実から乖離した人もこのタイプには少なくありません。
あるいは、天然ボケ なんだけど、時々物事の本質について鋭く言い当てる人、
といったトコでしょうか(なんだか漫画のキャラに一人はいそうだなぁ)。

このタイプの劣等機能は外向的感覚です。
内向外向を問わず、感覚的なものが苦手なのが直観タイプなのですが、
外向的直観が「どう感じるか」が苦手なのに対して、
こちらはむしろ感覚を「どう使うか」が苦手です。
具体例としては、いつも見たり聞いたりするものなのに
その存在や特徴などに最後まで気付かない・・・
天然 」 と呼ばれる人に多いというのもその所以です。

体操とかヨガとかで身体感覚を養うこと、
そして思考や感情などでイメージを合理的な裏付けや
具体的な形にすると良いかもしれませんね。

※集合無意識とは人類共通の心的領域のこと。
無意識よりもさらに深部の領域にあるとされ、
その内容は神話的モチーフや形象によって成り立っている。

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

集合無意識を見出したユング自身も天然だったのでは?!
だからユングに親近感が湧き、共感してしまうのだろうか^^

どうにもならないものを抱えて生きるのって苦しい、
でも生きているだけで嬉しい。やりたいことをやろう。

「変えられないもの」 と 「変えられるもの」 を見極めよう。
02:39 thinking | コメント(6) | トラックバック(0)

宿命を背負って

2011/09/23
Born This Way




I'm beautiful in my way → 現在形(自尊心)
Cause God makes no mistakes → 現在形(普遍的な事実)
I'm on the right track baby → 現在形(社会的立場の受容)
I was born this way → 過去形(両親や生い立ちの肯定)

やはり英語は英語で理解する方が面白さが増します。
時制による時間軸を加えることで、奥行きを持たせられます。

DNAレベル(宿命)で奮い立つことができる作品ですね。
「LADY GAGAの目から見える世界」 の片鱗を感じられます。

更に、ここも重要だと考えます。
Give yourself prudence(分別) and love your friends(隣人)

悩んで悩んで、日々の生活の中で自分を整えていくのはツライこと。
でも、この作品のような気概が根底に流れていれば生きていける。
02:51 thinking | コメント(4) | トラックバック(0)

ジャブジャブ

2011/09/25
仲間と大歩危峡へラフティングに行ってきました!
これはその付近の観光地、祖谷のかずら橋です。

かずら橋


ラフティング経験はこれで2回目。
前回は日照り続きだったため流れが緩やかで物足りなかったのですが、
今回は台風の直後で水量十分、そして抜けるような青空☆
絶好のラフティング日和ということで、かなり楽しみにしてました^^♪

しかし、ここで命の危機を感じる事故が・・・

最初の激流ポイントで思いっきりボートが転覆!!
でも事前にインストラクターから説明を受けていたおかげで、
パニックにならず冷静に対処できました。

ボートが転覆する → 音が聞こえなくなる → 頭を水面から出す →
近くのボートのロープ部分に掴まる → 力を抜いて引き上げてもらう
この一部始終にどれぐらいかかったか分からないけど、体感時間は約10秒。

私を引き上げてくれたボートの乗組員は全員が外国人で、
ネイティブの英語が全く聞き取れずにおろおろ。笑
生還した私はホッとする間もなく、ニュージーランド人のインストラクターに
再び川に投げ込まれたり引き上げられたりされました。笑
私をダシに、助ける練習を繰り返されたのです。笑
そういう扱いをされると 「 あ、大したことないのか♪ 」
と安心できたので、このジャブジャブされるを楽しみました (T▽T)

こんな風に私はマシな方で、長い間ずっと激流に飲まれてた人もいたし、
転覆したボートの下で辛うじて息をしていた人もいました。
怪我人も出ました。どこで打ったのかも覚えてないとのこと。。

散り散りになったメンバー全員、元のボートに戻れたのですが、
みんな悲壮な表情をして震えていました・・・
その後、必死で次々と激流を乗り越え、無事に帰還 \( ^^)人(^^ )ノ
こんな経験をしても、また行きたいなぁと思う私なのでした☆
21:12 pastime | コメント(6) | トラックバック(0)

SKY TREE

2011/09/29
都営浅草線の押上駅で下車すると、すぐ側にスカイツリー☆
ムサシ(634)メートルに到達したこのランドマークを、写真に収めに行きました!
天気は晴れ。ジリジリ太陽、汗ばむ陽気^^♪

でも・・・あれ?期待し過ぎたのか、意外と地味??でした。
東京タワーの方が存在感あるかも^^;
でもでもその分、写真で迫力を出してみよう!!ここぞ腕の魅せどころ!


撮影スポットのひとつ、十間橋の上から。

st.jpg



その川面にゆらゆら映る、まるで鏡の中にそびえる塔。

st2.jpg



ど真ん中、真下からの堂々たるショット。

st3.jpg



その麓では、みんなみんな、上を向いていました^^

st4.jpg
      
23:16 PHOTO GALLERY | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。