12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2012

2012/01/01
あけましておめでとうございます!

2012_富士と日出そして辰


2012年の年賀状です^^♪

辰と富士山と初日の出。
心持ち、太陽をドラゴンボールに見立てて・・
躍動感のある一年にしたいですね。

旧年中は仲良くして頂きありがとうございました。
本年もお付き合いのほど宜しくお願い致します。

みんなにとって良い一年となりますように☆
I wish you and me a happy new year...
スポンサーサイト
01:50 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)

ひふみ

2012/01/04
母は物心ついたときから、目に見えない世界についての想いを巡らせてきました。
書店の心理学、スピリチュアル、宗教学、哲学等のコーナーが好きです。
本を読んだり、実際にお坊さんやエホバの証人の方々の話を聞いたり喧嘩したりします。
神社を訪れることが大好きで、お寺ではいつも年中行事のお手伝いをしています。

そんな母から、お正月休みに「あなたも読んでみなさいよ」と勧められた本。


ひふみ新世紀 ― 神も人も禊ぞひふみ新世紀 ― 神も人も禊ぞ
(2001/08)
岡本 天明

商品詳細を見る

昭和19年、神典研究家で画家の岡本天明に、日月(ひつき)神示が降ろされた。
原文はほとんどが漢数字、記号そして若干のかな文字の混じった文体で構成され、
抽象的な絵のみで記されている巻もある。

その難解さから、書記した天明自身も当初はほとんど読むことが出来なかったが、
仲間の神典研究家や霊能者、妻の協力などで少しづつ解読が進んだ。
この原文を漢字仮名交じり文に書き直されたものを、特に一二三(ひふみ)神示と呼ぶ。

日月神示はその登場以来、関係者や一部専門家を除きほとんど知られていなかったが、
神典研究家で翻訳家の中矢伸一により、90年代から広く一般にも知られるようになった。

* * * * *

独特の命令調なので初めは抵抗ありますが、謙虚に捉えるとスラスラ読めます^^♪
「神的な何か」を脳内に感じたことがある人にとっては知ってることばかり。
その形而上の概念を具体的にどう実行したら良いか?をサラッと教えてくれます☆
さすが我が母!神聖な気分になれる年始に相応しい内容でした。

いつも楽し楽しの毎日を送って、
みんなが嬉し嬉しの世にしましょ^^♪
19:12 review | コメント(0) | トラックバック(0)

ゲーテ

2012/01/05
私の文章をゲーテのようだと言って下さる方がいらっしゃるので、
ネットで検索してみました。琴線に触れたものをご紹介いたします^^

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

批判のできない本からしか、真に学びとるものはない。
批判しうるような本は、我々から学ぶべきである。

翻訳者とは、半分しか姿を見せていない美人を愛嬌たっぷりと、
我々に向かって褒めそやす仕事熱心な太鼓持ちである。

多数というものより気に障るものはない。
なぜなら、多数を構成しているものは、少数の有力な先導者の他には、
大勢に順応するならず者と、同化される弱者と、
自分の欲することすら分からずに従ってくる民衆とであるからだ。

学問と芸術を持っている者は、同時に宗教をも持っている。
学問と芸術を持たない者は、宗教を持て。

人生は、愚者には困難に見えるとき賢者には容易に見え、
愚者には容易に見えるとき賢者には困難に見える。

幼児を抱いた母親ほど見る目に清らかなものはなく、
多くの子に取り囲まれた母親ほど敬愛を感じさせるものはない。

王様であろうと百姓であろうと、自己の家庭で平和を見出す者が、
一番幸福な人間である。

人間の魂は、常に耕される田畑のようなものである。
よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、
蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。
種子を手に入れ、選抜することが、そんなに早くできるものであろうか。

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

改めて、言葉の力ってほんとに凄いなぁ・・と感動させられました。
私もステキな言葉を紡ぎながら生きていきたいな^^♪
22:50 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)

会社用ねいる☆

2012/01/07
ネイル変えました^^♪

ベージュとラメのグラデーション。
薬指にだけ、小さなストーンを入れました。
とってもナチュラル☆

nail_120107.jpg

爪先を派手にすると、意外と自分の気が散るということが発覚したので。
しかも白衣を着てると不似合いだし、名刺を渡す時とか微妙に気まずいし・・

今度のは地味だけど、つるつるぷるんとしたジェルネイルの美点が光りますね☆
ついつい鼻歌を歌いながら帰って来ちゃいました (^^ ♪~♪♪ ふふ
17:12 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)

お喋り

2012/01/12
会話が大切だということは、私も知っています。
他人との交流が苦手という人はいても、嫌いという人はいないでしょう。
楽しくお喋りできた日には、生きてて良かった!とさえ思います♪

そう思っていても、自分のテンションと周りのタイミングが合わない時があります。。
外向的な人にとっては、お喋りそのものが大好きで自然なことでしょうけど、
内向的な人の会話は一問一答。キャッチボールは無理をしなければ出来ないのです。

ここに、私と似た者同士が集まって慰め合っています ↓
発言小町 「会話するのが苦痛」

よし、明日はもう少し頑張ってみよう!!
いつでも誰とでも同じように、楽しくお喋りできる人になりたい・・・☆
ただ、こういうタイプの女性もいるってこと、知ってね^^
21:35 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

それぞれの正義

2012/01/18
自分にとって、正義というのは生きる力であり大切なものですが、
度が過ぎるとそれを他人にも押し付けてしまいがちです。
しかしながら最近、そんな感情を一過性にする方法がようやく分かってきました。
私はただ、毎日をワクワクドキドキしながら過ごせれば良いのですよね。

・・・と考えるキッカケになったのは、野田聖子議員の出産の件。
赤ちゃんが可哀想で、腹立たしくて泣きそうになります。エゴとしか思えなくて。
前例の無いものに立ち向かっても、勇気と無謀は似て非なるものです。

oricon news: 野田聖子議員のドキュメンタリー
http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/2005532/full/
「私は母になりたかった」 「ありのままの自分を取材して欲しい」
自分のことばかりですか?子供が主人公のはずではないのですか?

yomiuri online: 野田聖子さんインタビュー全文
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=45056&from=popin
「生まれたなりを自分自身と思って生きてもらうしかない」
自分は宿命に逆らったのに、そのしわ寄せを受けた子供には押し付けるのですか?

母親は子供の幸せを願うはずです、これでは自己満足のためのように感じます。
しかし、安易に意見ができるような経験がない自分が言うのはダメですね。。
私も実体験を通したら変わっていくかも知れませんものね。
そうであっても、当時の私がこのように思っていたという事実は、不変のことです。

また最近、結婚は何のため?というのは愚問だと思うようになりました。
生物学的に100%子供のためでしょう。人類が築き上げてきた尊い文化です。

その時々で自分が正しいと思うことをして、毎日をワクワクドキドキ過ごせれば良い。
これまでのことよりもこれからのことよりも、今どう思うのか?を大切にして。
揺るぎなく、それでいてしなやかに。
01:00 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)

ダンスウェア

2012/01/21
どうでも良いことですが・・

ダンスレッスン時のファッションが、ちょー楽しい^^♪
堂々と原色を着られてテンション上がる~☆

これ、私好みのコーディネートです。
性格と体格からしてピンクと青が似合う傾向あり。

ダンスウェア

そんなことも含め、本番よりも練習の方が圧倒的に楽しいです^^♪
一回一回の貴重なレッスンを大切にしたいなぁ。

先日の情熱大陸は良くまとまってて面白かった☆
2012年01月15日放送
ダンスをするということは、美しく生きるということだな、と感じました。
いつかケントモリのワークショップに参加してみようと思います!
20:49 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)

クリシュナムルティ

2012/01/22
ジッドゥ・クリシュナムルティは、インド生まれの宗教的哲人、教育者。
西欧ではキリストや仏陀の再来と呼ばれているが、日本ではほとんど知られていない。
イギリスの科学者であり禅の研究家のロバート・パウエルは次のように述べている。

クリシュナムルティが心理の領域で成し遂げたことは、
物理学においてアインシュタインが行った革命に匹敵すると言ってよい。


一般的な分類としては宗教家になるが、自ら宗教団体を解散して宗教批判を行った。
不必要な知識や記憶からの解放、洞察による脳細胞の変容などを指摘したその教えは、
現代的なアプローチから宗教という枠に留まらず、幅広い支持者を獲得した。

自我の終焉<br />絶対自由への道自我の終焉
絶対自由への道

(1980)
J.クリシュナムーティ

商品詳細を見る


まるで写経をするように、目次を書き写してみました。
この本は枕元に置いて、寝る前に少しずつ読んでいこうと思います。
いつも安らかな夢を見られますように・・


第一部 提言 - 愛・平和・自由
 第 一 章  はじめに
 第 二 章  私たちは何を求めているのか
 第 三 章  個人と社会
 第 四 章  自己認識
 第 五 章  行為と観念
 第 六 章  信念
 第 七 章  努力
 第 八 章  矛盾
 第 九 章  自我とは何か
 第 十 章  恐怖
 第十一章  素朴
 第十二章  受動的な凝視
 第十三章  欲望
 第十四章  関係と孤立
 第十五章  「思考する人」と「思考」
 第十六章  思考は私たちの問題を解決することができるか
 第十七章  精神の働き
 第十八章  自己欺瞞
 第十九章  自己中心的な行動
 第二十章  時間と変革
 第二十一章 創造と新生

第二部 対話 - 生と死と永遠について
  一   現在の危機について
  二   民族主義について
  三   精神的な指導者について
  四   知識について
  五   鍛練について
  六   孤独について
  七   苦悩について
  八   凝視について
  九   関係について
  十   戦争について
 十 一 恐怖について
 十 二 退屈と興味について
 十 三 憎悪について
 十 四 ゴシップについて
 十 五 批判について
 十 六 神の信仰について
 十 七 記憶について
 十 八 あるがままのものの受容について
 十 九 祈りと瞑想について
 二 十 意識と無意識について
 二十一 性について
 二十二 愛について
 二十三 死について
 二十四 時間について
 二十五 観念を伴わない行為について
 二十六 古いものと新しいものについて
 二十七 命名について
 二十八 既知のものと未知のものについて
 二十九 真理と虚偽について
 三 十 神について
 三十一 即時の理解について
 三十二 素朴について
 三十三 軽薄について
 三十四 些事について
 三十五 精神の静寂について
 三十六 人生の意味について
 三十七 精神の混乱について
 三十八 変革について


ただいまのBGMは、ゆずの「Hey和」です^^♪

 
12:41 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)

Overtasked!

2012/01/25
I'm completely overtasked...

Actually, almost all of the co-workers are overworked continually.
We don't have any time to stop and think about our strategy.
On the other hand, however, I'm enjoying this situation.
Maybe we are given a big chance to go over the limit:)

These days, I'm thinking of my lifelong learning.
Sometimes I forget to do my best because I feel it's a temporal task.
But I have second thought that it'll be my part of the eternal learning.

If you found any mistake in my sentence, please tell me:P
22:29 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)

オーロラ☆

2012/01/26
1月22日、フィンランド。

january-2012-aurora-borealis-finland_47693_big.jpg



1月24日、ノルウェー。

lyngen-alps-aurora-1-24_47737_big2.jpg


太陽フレア、8年ぶり巨大太陽嵐

NASAの衛星が19日、太陽表面で活動が活発ないくつかの領域で
フレアとコロナ質量放出(CME)の発生を観測した。
これが引き金となり、数日後に地球で一連のオーロラが出現した。

コロラド州ボルダーにある米国海洋大気庁(NOAA)宇宙天気予報センターによると、
急激に活発化した太陽活動により、2003年10月以来最大の太陽嵐が発生したという。


1月22日、アラスカ。




きれい・・・☆

でも寒いの苦手やから、オーロラ観に行こうとは思わない^^; ガッカリ
22:58 favorite | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。