09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ブラスバンド部の記憶

2009/11/19
私が小学生の時のブラスバンド部の顧問の先生は、
厳しい指導をするので、児童から嫌われておりました。
泣きながら楽器を吹いてる子もいました。

そのおかげで、ちっちゃい子供が大きな楽器を持ち、
高校生級の曲を吹きこなしてました。
子供には子供用、と大人が用意すべきではありません。
本物を与えることが、意欲に繋がるのです。
子供には、先入観という諦めの思考がありませんから、
与えれば与えるだけ、全て吸収して、すくすくと成長します。

私にとっての先生は、怒られはしませんでしたが愛情も感じられず、
特に親しんではいませんでした。
今から思えば、子供が苦手な人だったんだと思います。

先生が毎日のように言ってたこと。
「1日休んだら遅れを取り返すのに3日かかる」
「楽器は命の次に大事」
あと、個人的に言われたこと。
「ticaさんは気分が音に出るのが欠点ですね」

これらは、子供が理解するにはまだ難しい言葉でした。
今になって、ようやく先生の意図が分かります。

あの人は何者で、今どこで何をしているのだろう。
校歌を作ったぐらいの人なんですけど、検索しても見当たらず。
スポンサーサイト
00:31 pastime | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
ticaさん、ブラバンだったんですね。
私も中学時代ブラバンでA.サックスでした。
残念ながら、私はあんまり音楽の才能はなく、聴くのみですが。。。

その先生の言ってたこと、ホント、子供には難しいけど、今になってみるとナルホドですね・・・
そうなんです。トランペットでして、大学まで続けてました。
大人になってから、いい先生だったんだな~って思いますね。
小学校の先生って、直接教え子から感謝されることは少ないでしょうね。
そう思うと切ないお仕事です。

Keiko.さんがサックスって、何となくイメージに合います(根拠はないです。笑)
トランペットですか~!
私はticaさん、クラリネット的なイメージでした!(こちらも根拠はないですが!)
トランペットだったら、JAMの間奏部分、吹いたりしました???笑
私、トランペットの後輩に吹いてもらってました。笑
トランペットになったのは、人数不足だったからという理由なのですが、
吹奏感が気持ち良いので、自分に合ってる気はしてます☆

JAMの間奏部分!密かに吹いてみようと思ってます。笑
あと、大学時代にDon't Stop~をラテンアレンジで吹きましたよ!
あの曲は、やっぱりオリジナルの方がカッコイイですけどね~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。