09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

beautiful name

2009/12/16
Every child has a beautiful name
GODIEGO (作曲:タケカワユキヒデ)



最近、なぜだか頭の中でずーっと流れています。
この曲って英語の方が雰囲気に合ってる~☆
歌詞は日本語の方が深くて好きですけど!
調べてみると、1979年のUNICEF国際児童年協賛歌だそうで。
ということで今日は、いつか機会があれば書こうと思っていた、
UNICEFと日本ユニセフ協会の違いについて。

◆ UNICEF(国際連合児童基金) ◆
 発展途上国における子供の支援を目的として設けられた国連機関。
 先進国では直接的活動を行っていない。日本にはUNICEF東京事務所がある。
 黒柳徹子さんは、UNICEFが正式に任命したUNICEF親善大使。
 1円残らずUNICEFに送るため、自らが窓口となっている。

◆ 日本ユニセフ協会 ◆
 UNICEFに協力するため、日本での窓口となっている民間団体。
 アグネス・チャンさんは日本ユニセフ協会大使であり、あくまで広告塔。
 窓口を日本ユニセフ協会に一本化しようとしたが、黒柳徹子さんに拒絶される。
 集めた募金のうち最大25%を経費として流用(例:25億円の自社ビル建設)
 名簿業者から買取った個人情報によるDMでの募金集め等、手法に問題がある。


黒柳徹子さんは、募金に対するお礼の手紙を出さないそうです。
80円の切手代も募金として生かすためです。
その代わり、自らのサイトで 「この場を借りて、お礼を申し上げます」
と感謝の意を述べています。

もちろん、募金の何割かが団体の運用に使われてしまうのは仕方ないことです。
で、黒柳徹子さんとアグネス・チャンさんのどちらが魅力的か?って話です。
そんな単純な理由で選ぶと、答えは明確です☆
8月頃に加入した日本ユニセフ協会のマンスリーサポートを先月解約しました。
これからは定期的に、黒柳徹子さんの口座へ振り込むことにしました。
更に、私の母は10年以上(!)にわたって日本ユニセフ協会に協力していたので、
悲しいですがこの問題を伝えました。これから話し合っていこうと思います。
こういう情報が瞬時に得られるのも、インターネット社会のおかげですね。

年末年始は「窓ぎわのトットちゃん」を読みます (^^)

<ご参考>
記事の孫引き先:http://blogs.yahoo.co.jp/strikerouge323/28224167.html
黒柳徹子さんのHP:http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html
いわさきちひろ美術館:http://www.chihiro.jp/peace/peace04-4.htm
故・中川昭一氏:http://www.unicef.or.jp/osirase/back2005/0508_06.htm
スポンサーサイト
23:59 favorite | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ゴダイゴは名曲が多いのでベスト版とかを聞かれるのをオススメしますよ。そういえば銀河鉄道999のリリースが僕が小学生のときで、あの英語の歌詞をカタカナで覚えた記憶があります。タケカワさんの英語は聞きやすくていいです。多分日本の歌手のなかでは英語の聞きやすいのではTOP5に入るでしょうね。僕はリアルタイムで知っているというのがなんとも歳とった気分です。
ほんと名曲揃いですよねぇ!今度CDの良い音で聴いてみます♪
タケカワさんは、英語の緩急のイントネーションを殺さず、
心地良い歌い方をされますね。
また、多才な人のようで、とても興味深いです。

ちなみに私は、ゴダイゴを敬愛しているmonkey majikも好きで、
4th Album「空はまるで」は飽きずに繰り返し聴けちゃいます♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。