09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

子供の好奇心

2010/01/13
明らかにブログ書き過ぎですよね・・・自己分析したいお年頃?
仕事中なのに「如何に生きるか?」ってことばかり考えてしまう、
生産性の低い社員です。(^^;苦笑

さて本題。

私は中学生の時、校風の影響で急激に好奇心を失っていきましたが、
大学院生時代、そして実社会に出た今、「子供の好奇心を持つ大人」
に出会えことで視野を180°転換でき、人生を楽しめるようになりました。
とても感謝しています。いつか「ありがとう」と言えますように。

身近な人から有名人まで、あらゆる生き方に感動してしまいます。
その中のひとりに、宇宙飛行士の若田光一さんがいます。
私は、子供の頃の夢は大人になる過程で胸の奥に仕舞い込みましたが、
この人は好奇心をコントロールして、5歳の頃の夢を叶えました。
source:若田光一さんの母談 その1 その2 その3 その4

自分を高めていくことを生まれながらに知っている人と、
生きる過程で身に付けていく人との2種類がいるように思えます。
私は後者なので、生涯かけて身に付けられるよう頑張ろう。

= 青年の好奇心について =
三つ児の魂百までというが、ほとんどは青年期に支配されやすい。
そこでの人間的・物質的・知的出会いが一生を決める。
環境や状況によって、どうにでも転ぶ危うさを持つ。
青年期における中途半端な知識と魂の判断とが影響し合い、
知的体系の強化、又は思考停止(強情な性格)へと連なっていく。
小さく閉じた大人になりやすい現代日本の学校教育。
青年期には、学校よりもっと広い世界を体験することも大切。

source:子どもの好奇心 大人の好奇心

さて、青年とは何歳まででしょうね?
永遠だと思いたいです。
スポンサーサイト
18:54 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
親になった今、子供の好奇心を育てる難しさも感じます~。
子供の好奇心は無限大やのに無意識にそれを押さえてしまうときがあるから、ハッとします。
好奇心の赴くままに生きるって子供でも大人でも難しい~。
子育ては想像以上に大変だろうなぁ~と常々感じていますe-330
ノウハウは溢れてるけれど、一番大事なのは「子ども扱いしないこと」でしょうかe-3

いつの日かちゃんと子供を育てられるように、
まずは自分の歪んでる部分を理解して、正しい生き方を学ばなきゃe-2と思ってて、
一人暮らしや仕事は、親になるための修行だと考えていますe-271

好奇心は、ゼロじゃなければいいかなぁと思いますe-266

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。