05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

私自身です

2010/01/16
「私は」 「私は」 「私は」
っていう、うっとおしい日記は、これで最後にします。
たぶん。

横井直高 真の哲学体系を求めてver.2 エッセー より。

「好きな哲学者は誰ですか?」と尋ねられると、
多くの方が、特にいないとかニーチェとかカントとか答えます。
私はそのとき、いつも不思議な感じがします。
どうして「私自身です」という答えがないのだろうかと。
自分自身の考えが、感覚にぴったりくると思います。

哲学する「この私」にとって、最も基礎となる問題のひとつに、
「私の生きる意味」があると思います。

哲学は答えを見つけることではありません。
答えを見つけようと生き続けていく態度こそ、哲学だと思っています。
ですから、生きる意味とは何かと問い続けながら生きていくことが、
生きる意味に答え続けていくことにもなるのです。

生きる意味の答えは、どこかに文章としてあるのではなく、
生き続けていくこと、そのものだと思うのです。


答えが出ないことを書くのは、もう止めます。
でも、これからも永遠に問いかけ続けよう!
スポンサーサイト
01:04 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ありがとうございます。
私のエッセーを引用いただきありがとうございます。そのうえ、私の本意を正確に汲み取って下さり、書いた本人としても、これ以上の喜びはありません。

哲学は自らの疑問にひたすら問い続け、答え続けていくこと、そこにこそ生きるということの唯一の正答があるのだと考えています。

これからもよろしくお願いします。
恐縮です。
勝手に引用してしまい申し訳ありません。
ネットのマナー違反かも知れませんね・・・

今までは具体的だった「悩み」というものが、
だんだん抽象的な「問い」という形になってきました。
そして、答えが出るまで考えることを諦めないようになりました。

疑問を持つことを止めないことは苦しいですが、
それ以上に得るものがあると信じます。

これからもご参考にさせて頂きます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。