09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

プロパガンダ

2010/01/21
プロパガンダ (propaganda) とは、しばしば大きな政治的意味を持ち、
特定の思想や世論へ誘導する宣伝行為のこと。

1.レッテル貼り(恐怖に訴える論証)
 攻撃対象(人や集団、国、民族)にネガティブなイメージを押し付ける。
2.華麗な言葉による普遍化
 対象に、多くの人が認めているような普遍的価値をと認知度を植え付ける。
3.転移
 多くの人が認めやすい権威を味方につけ、自らの考えを正当化する。
4.証言利用(権威に訴える論証)
 「信憑性がある」とされる人に語らせ、自らの主張の説得性を高める。
5.平凡化
 送り手が受け手と同じような立場にあると思わせ、親近感を持たせる。
6.カードスタッキング(トランプの「イカサマ」の意)
 自らの主張に都合のいい事柄を強調し、悪い事柄を隠蔽する。
 情報操作が典型的例。マスコミ統制。
7.バンドワゴン(衆人に訴える論証)
 人間は本能的に集団から疎外される事を恐れる性質があるため、
 その事柄が世の中の権勢であると錯覚させて引きつける。

情報社会化は、プロパガンダを一層容易で効果的なものとした。
わずかな費用で多数の人々に自らの主張を伝えられるからである。
現代ではあらゆる勢力のプロパガンダに触れずに生活することは困難となった。

source:Wikipedia

私はこれをマスコミ批判のために持ってきたわけではなくて、
むしろ自分が個人的に注意すべきことかと感じました。
どれもこれも、書いたり話したりする際に無意識にやってる気がする。
でも、個人のレベルに落とすとただの意思伝達テクニックかも?

ネット上では、感情的で無責任な発言が思いのほか簡単に波及していく。
私自身、匿名の意見にすぐ感化されてしまう優柔不断な人間ですから。

相手に「偏ってる!」と非難している自分の方が偏ってはいないか、
いつも冷静に、慎重に、客観的に問えるようにしたいです。
また、「自分は偏った見方はしていないし、誰にも操られていない!」
と思っている人が、実は一番大きな勢力に誘導されているのかも知れない。

結局、何にも寄りかからないで生きるなんて無理なのでは?
だから情報を得た際には、背景に誰がいて、どんな思惑があるのかを
常に想像しながら物事を判断する・・・これを心掛けていればいいかな?
スポンサーサイト
12:10 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。