05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

人間の見分け方

2010/01/25
整体的生活術 (ちくま文庫)整体的生活術 (ちくま文庫)
(2005/08/10)
三枝 誠

商品詳細を見る


この本は以前にもレビューしましたが、実は2割ぐらいしか読んでませんでした。
気分でまた手に取り、読了しました。かなりポジティブ・ハイテンションになれます!
こういう自分に合った本は大事にしなきゃ。常に本棚に確保しておこう。

タイトルから、ストレッチやツボ押しについて書いてありそうですが、全然違います。
対人関係、衣服やアクセサリー、姿勢、エロいこと(笑)、毎日の食事等について、
どんなイメージを持てば良いかが、とても爽快で強い説得力をもって書かれてます。

人間の見分け方について引用。

◆ 一級の人間の特徴 ◆
自分を客観的に見れて、現状を分析できる
身体に対する礼儀を持っている

◆ 二級の人間の特徴 ◆
優れた編集能力、情報を取捨選択して再構築する能力を持つ
ただ、自分自身の自我が抜けていない

◆ 三級の人間の特徴 ◆
保身的、編集・分析する能力がないので負けるとやめてしまう
他人に対してとても威張ってるけど、実は非常に脆い

◆ 四級の人間の特徴 ◆
いわゆる善男善女
不愉快にはならないけれど流されて生きる

◆ 五級の人間の特徴 ◆
何らかの権威に守られていて、その権威をカサに自分が威張る
他人が見ていなければ、サボってばかりいる

一級の人の、三級との大きな違いは、恐怖心をモチベーションにしないこと。
生きていく動機付けが恐怖心ではなく、好奇心なのだそう。

私は、一級の人でも五級になったり、ブレることはあると思います。
でも、逆方向へのブレは無いと思います。
五級しか知らない人は、簡単には四級にはなれないし、
ましてや一級の人の気持ちを汲み取ることは到底できないと思う。

この本は、二級以下の人向けですね。
でも、上級の人ほど丁寧に読み、ほんとに読むべき人には届かないかもね。
そういうもんです。以前より丁寧に読んでる私自身が実証してる。

私は多分・・・四級、三級のあたりをウロウロしてるかな~。
そこからちょっと飛んでみたり、上の方を覗いてみたりするけれど、
ちゃんと到達できるのは、まだまだ先になりそう。道のりは長い。

私の直近の課題は 「嫌われながら生きる覚悟」 を持つこと。
「平均」 という評価基準に囚われず、ポジティブ・ハイテンションでいこう!
スポンサーサイト
22:57 review | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
なるほどー
一級、なりたいね☆
きっちり読んでレビューしてくれるさえぴょん凄いと思う。

昔、屋台のおっちゃんが性格の根本は変わり難しって言ってたけど、上記読む限りモチベーション次第で変われる部分は大いにあると思うな。
最近、学生時代のりょうくんが良く理解できるわ!
今もキラキラした気持ちは継続してますか?私も頑張ります。

性格の根本・・・実は歪んでるのは後天的な方の性格で、
根本の根本は上級なのかもよ~。
大人になるにつれて諦めてしまったのなら、思い出せるかも!
ははは
学生んときとあんまかわってないな笑

責任とリスク、マナーや効率化とかを考える機会は格段に増えてるから、前ほど甘ちゃんでは無くなってきてるけど、まだまだ我が強し!
カッチョいい人間にはまだまだだでござる笑
ニンニン!
いい刺激もらいました。サンクス!
ニンニン。笑
ryotくんワールドは健在ですね!
個性って素晴らしい。
今後の動向に期待してます!

カッチョいい人間を目指して頑張ろー☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。