09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

古代マヤ暦 「13の音」 占い

2010/02/12
古代マヤ暦「13の音」占い古代マヤ暦「13の音」占い
(2009/05)
越川 宗亮

商品詳細を見る

2012年に地球が滅亡する・・・とかいう話じゃないです。
その話題にも少し触れてるけど、ただ単に暦の「区切り」だと言ってます。
私もそう思う。世間が騒げば騒ぐほど、胡散臭く嘘っぽくなっていく。
例え何かが起こっても、どうしようもないですしね (^^)

いきなり脱線しましたが、私にとって目からウロコの占い本でした。
細木●子の本と同じぐらい内容が薄いですが、入門編としては良いかと。
信じる信じないは自由です、ただ面白いな~と思います。

「13」という数字は、欧米では忌み嫌われています。
でも本当は、宇宙の定数ともいうべき重要な数字なのです。
なぜ13というサイクルが、12に変わってしまったのでしょうか。
それは、エジプトやバビロニアの神官たちが、
13のサイクルに現れてくる「真実」を隠すことによって、
人々を容易に支配できるようになることを知っていたのです。
その結果、人類はつくられた"権威"を盲目的に信じ込まされました。
今こそ、自然の調和と秩序をもたらす13のサイクルへと、
心の中心を移動させなければなりません。


この本のメインテーマは「シンクロニシティ」について。
自分の本来の「音」に合わせた自然な生き方をしていると、
人生を加速度的に走れるようになるそうです。

誕生日によって、13種類の「銀河の音」に分かれます。
私は「音2」でした。キーワードは「チャレンジ」です。

二極化、平凡を嫌う人。
音2の人は、混沌とした状態のものを2つに分類する能力があります。
パワーが強く、突撃し続ける人生を歩みますが、
目標や挑戦するものを失うとパワーもなくなります。
守りや受け身はシンクロを遠ざけます。

人間は大きく分けると2つのタイプがあります。
ひとつは自分から主体的に行動する太陽のようなタイプ、
もうひとつは人の行動に反応・反射して組み立てていく月のようなタイプ。
音2は後者で、自分からは始まらず、対峙するものがあると輝き始めます。
ライバルや目標とする人は、とても大切な存在となります。

緊張状態の中で良い仕事をするので、「葛藤」や「迷い」が宿命です。
したがって、適度なリラックスの場、リフレッシュの機会が必要となります。
禁句は「批判」です。我を出さず「感謝」の念を持つようにしましょう。
オーケストラの楽器に例えるならトランペット!


1/13の確率で、自分らしさが現れる楽器に出会えてたのかな?
白黒はっきりさせたい感じ?一直線な感じ??
自分では自分のことをもっと穏やかな人間だと思ってたのに、
これじゃ常にイライラしてる人みたいだな~ (^^;)

ってか、私の好きな安藤裕子の 『 隣人に光が差すとき 』 なんて、
音2の心そのものやん!まるでテーマソングみたい。


あなたの斜め後ろの角を辿り
友達としゃべる 見ないように・・・。

ただ憧れて 光の差すあなたを
奪い去りたいとさえ思っていた。

息もつけず 眺めるだけで
アタシジャタリナイ
その場所に 似合わないから

やわすぎたあたしは 人混みの中埋もれ
光の差すあなたを見てた
輝けるあなたの 斜め後ろを辿り
こぼれる光に手をのばす

アナタニナリタイ コレジャタリナイ



最近、毎日毎日、何かしらとシンクロしてる気がします。
例えそれが気のせいでも良い。元気になれるから。
スポンサーサイト
23:59 review | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。