04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

エンタルピーとエントロピー

2010/05/13
単なる思いつき。「心は海」 という表現を言い換えてみます。
エンタルピーとエントロピー の概念に、生き方の答えが見えます。
熱力学の法則は、人の心にも当てはまるのかも知れません。

外気と内気
関連記事:外気と内気

物質が発熱して外部に熱を出すとエンタルピーが下がり
吸熱して外部より熱を受け取るとエンタルピーが上がる
孤立系ではエネルギーは形を変え、相互に変化するが
新たにエネルギーが発生したり消えたりはしない


   つまり、私という系のエネルギーを増大させるには
   外部からエネルギーを取り入れることが必要


エントロピーは乱雑さの指標である、すなわち
物質や熱の拡散の程度を表すパラメーターである
可逆反応ではエントロピーは一定であり
不可逆反応ではエントロピーは増大する


   つまり、私という系のエネルギーを密閉しておくと
   内部のエネルギーは平衡状態に到達できる


物理は苦手なんですけど、如何でしょう?でたらめ?
これらを繰り返すことが、生きるということだと感じます。
インプットとアウトプットのタイミングが重要。
エネルギーの交換が激しいということは、生きている証。

私は、今のエネルギーが平衡になったので、
次のエネルギーを取り入れていきます。
スポンサーサイト
14:40 thinking | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
心的エネルギー
とても面白いです!

心的エネルギーを考えた時、そうですね、心というものを表現するとき、心を“ある程度閉じられたシステム”として考えてみると・・・ですが、物理学における「エネルギーの保存」に当てはまることも多いようですね。

自我は心の中にある心的エネルギーを適当に消化して、消化された心的エネルギーは睡眠中や休憩中に補われるそうです。

何かしらの出来事が起因して、仕事への意欲の減退とか、どこか気だるい感じとかある時は、自我での心的エネルギーの消化は低下しているけれど、エネルギー保存の法則に基づいて考えると、一見失われたかに見えるエネルギーはどこかに存在しているのでは?となり、それは無意識領域のどこかに溜め込まれていのでは?と考えてみると、その法則は心的エネルギーでも成立するように思えます。ここにはユングの言うコンプレックスが関与していたりするようですね。(詳しい内容は長くなるので失礼するとして^^;)
だけど、心を“ある程度閉じられたシステム“と考えるのは、どこか不自然な感じがしますね。

>可逆反応ではエントロピーは一定であり
>不可逆反応ではエントロピーは増大する

心的エネルギーの場合で考えるとどうなるのでしょうかね?
自立・成長という視点で考えると、「可逆反応でのエントロピーが一定である」は、本来の自分自身である、霊的な魂の次元だと当てはまるでしょうか?

「不可逆反応ではエントロピーは増大する」は、ticaさんの言われているように、生きるってことかなと勝手に思っていたりします。生きてきた過去はもう二度と戻ってこない的な???

なんだかおもしろくて、いろんな妄想している私です。
かなり視点のズレた意味不明なこと書いてるかも知れませんね。お許しを~(ToT)/~~~

川の流れのように
いつも意味不明な妄想に付き合って下さり嬉しく思います。笑
心ときめくものが同じですネ (^^) ゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

私もコレを書いた後、可逆反応と不可逆反応について悩み、
そもそも物理法則としての定義を理解できていないのかも?と思い、
考えれば考えるほど心がざわつき波立っていました。

何となく、食べ物が消化・吸収される過程になぞらえてみました。
ニンジンや牛肉が消化される = 不可逆反応でエントロピーが増大する
そして自分自身に吸収され血肉になる、なんて (^^;)
だから、消化不良なのに次々に食べ続けるのも問題なのかと。

> エネルギー保存の法則に基づいて考えると、・・・
> それは無意識領域のどこかに溜め込まれていのでは?
のご意見に納得できました。確実に蓄積されていると感じますね。
ある時ある刺激により、記憶がブワっと溢れ出たりするので。

> 心を“ある程度閉じられたシステム“と考えるのは、
> どこか不自然な感じがしますね。
はい、自然界の熱量と同様に「全か無か」ではないと感じています。
文字通り、顕在意識が心を閉ざしている状態でしょうか?
興味のないものは見ない・聞かない・考えないという姿勢。
なるべく顕在意識のフィルターにかけず、潜在意識まで情報が届くよう、
心が開いた状態でいることを意識すれば良いかな?と解釈しました。

余談ですが、位置エネルギーと運動エネルギーの関係も好きです☆
感動することでやる気(位置エネルギー)が上がり、
実際の行動に移し(運動エネルギー)、
その結果を受け、また学ぶ意欲がわく(位置エネルギー)。

総じて、無から有は生まれない。
せっかくなら、良いエネルギーを取り入れたいですネ (^^)
川の流れのように、自然に。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。