09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

劔岳 点の記

2010/08/07
地上波で観ました。気になってた映画です。
哲学的な問いと答えをくれました。

剣岳


Q: 何のために、危険を冒してまで地図を作るのか?
A: 人は、自分が何者であるのかを知る為に、地図を作るのだ。


心から納得。初心に還りました。
タイムリーに背中を押された気がしました。

Q: 一番にならなければ、意味はないのか?
A: 人がどう評価しようと、何をしたかではなく何のためにしたかが大事だ。


もちろんこれは結果論。
しかし、イイワケでもコジツケでもない。
否定を肯定に変えていく。
そうすれば、理解できることが増えていく。

山頂の景色は、彼らの目にどのように映ったのだろうか。
彼らの内面を映し出していただろうか。
スポンサーサイト
23:52 review | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
おぉ~!
こんにちは^^

私は昨日はこの映画に興味を抱きつつも、抱きつつも・・・「ハゲタカ」観ていた人間でした^^;

ticaさんのこの記事は、とても素晴らしい!と思いました^^

>否定を肯定に変えていく。
>そうすれば、理解できることが増えていく。

これは・・・
否定を肯定に変えることができた者だけが知ることのできる拡がりなのだろうなと、そう感じました。

うん、再見!!です(^_^)
ありがとうございます♪
ありがたいです^^
> 否定を肯定に変えることができた者だけが
> 知ることのできる拡がりなのだろうな
私はそれを知ることができたのか、気のせいなのか、
まだ分かりませんが、信じていこうと思います^^

「ハゲタカ」はまだ観てないです、難しそうですね!
私は会社人間なのだから、もっと社会派映画を観るべきですね^^;
ahavaさんがどう感じたのか気になります!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。