05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ピーターラビットと苔

2010/08/09
ピーターラビットの作者 Helen Beatrix Potter

beatrixPotterBunny_L.jpg

彼女は、地衣類や藻類の研究に身を投じ、
植物と細菌の共生に関する論文を発表した。

しかし当時の社会は、女性であるという理由だけで論文を拒否した。
その後、彼女は学問の世界に戻ることはなかったが、代わりに絵本を描いた。

その主人公のウサギが住む森は、ビッシリと苔むしていて、
その美しい森から、彼女の研究者としての執念のようなものが感じられる。
約100年後、学会は彼女の論文を認め、正式に謝罪した。

彼女は、自らが学んだことを絵本の世界に生かした。
良く学び、良く考えたことは、決して社会で無駄にはならない。
(souce:もやしもん9巻

どんな逆境が訪れようとも、信じるものを諦めず凛としていたい。
どんなに遅い歩みであっても、小さな一歩を踏み出し続けたい。
スポンサーサイト
22:29 favorite | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
>信じるものを諦めず凛としていたい。

とてもticaさんを表している素敵な言葉のように感じました。
凛としていたい・・・、いい響きです。

今日も素敵な記事をありがとうございます。
ピーターラビットの作者が微生物学者だったとは!
という驚きと共に、嬉しくなりました 〃^^〃
ひとつのことに秀でている人は、多才ですねぇ☆
要は、どのタイミングで何を選び取るか、そのセンスですね。

ここは理想を書いているので、凛とした人には程遠い私ですが、
そんな自分を思い描いて生きていきたいです^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。