04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

dance, dance, dance...

2010/09/05
Grand Festival 2010 Jazz @神戸文化大ホール

音楽のジャズではなくて、ジャズダンスの発表会です!
知人に教えてもらって観に行きました。
まるで万華鏡のような、心踊るひととき ゚・:,。☆゚・:,。☆゚・:,。☆゚・:,。

dance.jpg

若者を中心に、お子様からおば様まで、かなりバラエティ豊かでした!
ストリート、ヒップホップ、ファンク、モダン、タップ、バレエ、フラメンコ、社交ダンス、
洋楽、邦楽、クラシック、フリースタイル・・・演劇のワンシーンのようなのも。
ジャズダンスって、やはりもともとは音楽のジャズに合わせて踊ってたらしいですが、
今や自由のようです。 というか非常に細かく分類されてるようです。

全部で31チーム、どこもオリジナリティに溢れていました。
そしてビックリするほど上手い・・・動きのキレとか、しなやかさとか☆
衣装もデザイン性が高くて凝ってました。 丁寧に手作りしたんかな~。
照明も効果的に使っていて、シルエットダンスもあったり。
つまり、チームそれぞれの “ 質感 ” がはっきりしていました。
その緊張と情熱の数だけ、31回分、泣きそうに・・・

それは例えるなら、どのチームからも
「 私たち、こういうダンスが好きなんです♪ 」
っていう声が聞こえてくるようでした。

さてさて・・・ヒトはなぜ踊るのでしょうか?
気持ち良い踊りと何も感じない踊りの違いって何?
体をテキトーに動かすこととの違いは何?
ダンスにおける満足感って何? カッコ良いって何?
言葉にできる人がいたら教えて欲しい~。

感想を一言でいうなら 「 みんな違って、みんな良い 」 でした^^♪
スポンサーサイト
23:54 pastime | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
ありがとうございました
本日はお忙しい中ありがとうございました。

私たちのMJばかりでなく、他の作品も見ていただいて、それぞれにいいとろこ見ていただいたみたいで、誘った本人としては喜んでもらって満足です。

フィナーレの小道具は僕の部屋にオブジェとして飾ってあるものですが、あれはカズーとしてちゃんと音鳴るんですよ。

作品のほうは団体行動できちっとやらなあかんので、フィナーレはちょっと脱線ということで(笑)
「わたしと小鳥と鈴と」

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない

わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど

あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ

鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい

(金子みすず)

-----

個としての素晴らしい表現を精一杯、その表現に命が煌めくから、同じ煌めきを保有している命同士で、その違いを賛美できるのかなぁなんて、私は感じていたりしています。

ありがとうございます。

なべさん
あんなにたくさん観れると思ってなかったので得した気分です^^♪

マイコーは以前と同じドリルだったので安心して観ていましたが、
ガガ様にはドキドキゾクゾクしました~☆☆

なべさん、短い期間であれだけ踊れるようになるのは凄いです!

ボントロ型のカズーですか~? 可愛いですね^^
フィナーレ楽しそうで良かったです。 らしさが出てました。笑
ahavaさん
素敵な詩を紹介して頂きありがとうございます ゚・:,。☆゚・:,。
まさにその時の私の心象にピッタリな世界です^^

いつもこんな風に思えたら、心がまあるくなって、
イライラすることもギスギスすることも無くなりますよね。

> 同じ煌めきを保有している命同士
この言葉、好きです 〃^^〃

『 他人の良いところを探して、見つめること 』
キレイゴトではなく、心からそう出来るようになれますよう^^♪

ありがとうございました!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。