06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

モンゴロイドの脳

2011/01/09
先の記事で、人種と脳について気になったので、ネットで調べてみた。

゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

知性には8種類(言語・絵画・空間・論理・音楽・身体運動・社会・感情)があり、
「心」の働きをするのは大脳の「前頭連合野」という部分です。

日本人の脳は25歳まで成長すると言われています。
これはとても珍しいことです。動物で25年間も未熟な臓器を持つものはいません。
実はこれは、複雑な人間の社会の中で生き抜くための戦略なのです。

日本人は黄色人種すなわちモンゴロイドであり、
白色人種はコーカソイド、黒色人種はネグロイドといいます。
モンゴロイドは、5万年前にコーカソイドから枝分かれした人種です。
肌の色や体形の他に、もう一つ種を保存させるための戦略をとりました。
ネオテニーという戦略です。これは、幼稚(未熟)な期間を長くとることです。
教育期間が長くなり、複雑な人間社会で生き残る可能性が高くなることを意味します。
モンゴロイドの見た目が幼いのは、進化・ネオテニーの結果なのです。

ただし、モンゴロイドの脳は教育を受けないと発達障害を持った脳になります。
特に、社会的・感情的知性、自我を形成する前頭連合野に大きなダメージを受け、
人間的に大きな欠陥を持った人間になってしまう可能性があります。

ネオテニー化したモンゴロイドにとって、親だけで教育するのは不可能です。
コーカソイドに比べて未熟だけに、自立心が低いからです。
両親、たくさんの兄弟、祖父母、親戚、身近な地域の人々に囲まれて、
その人間関係の中で様々なことを学んでいくのが最も有効な教育環境です。
日本人だけでなく、中国人だってモンゴルの人々だって、
ネイティブアメリカンだってみんなそういう環境の中で生活しています。
それは、モンゴロイドの特性を十分に生かした生活スタイルなのです。
 
日本人は、秩序ある生活を送るために「恥の文化」で自己規制してきました。
これは世界でも珍しいことです。他の国家は宗教によって自分を規制します。

昔のように大部屋で過ごすことや地域との自然な触れ合いは減少していますが、
日本人はそれを補う付き合い方を開発してきています。
地域の子供会やスポーツ少年団、そして学校の部活だってその知恵の一つです。
そのような中で前頭連合野を鍛え、モンゴロイドの究極の知恵「恥の文化」を大切にし、
誇り高き日本人として外国人と渡り合ってくれることを強く願います。
source:http://www3.ocn.ne.jp/~chigiran/hazi.html

。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。

私の好きな番組「ホンマでっか!?TV」の澤口先生の書籍が引用されています♪
澤口先生は中学生の時、入浴中に「人間とは何か?」という問いに目覚め、
今やその答えが分かってしまったらしく、次は仙人になろうかと考えてるそうな。笑
良いなぁ、好きだなぁ、こういう世界☆ 私もこれからも考えていこう♪
スポンサーサイト
23:28 tea break | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
澤口先生好きです。笑
お話してみたい!

管理者のみに表示
« セクシーな企業 | HOME | NHK »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。