05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ソーシャル・ネットワーク

2011/01/16
暇してて、衝動的にすっぴんのまま観に行きました!
公開日だったってことを、今さっき知りました。笑

519iEmQUeuL.jpg


もうね、冒頭から超超超!早口で、まばたきする間にシーンが変わり、
フィナーレまで休憩ナシの、非常にスピーディーな映画でした☆
そうとは知らず、心の準備ができてなくて伏線やジョークを把握しきれず!
いや、私の頭が悪いだけかもね・・・と凹まされました^^;
もしかしたら無意識に英語で聞き取ろうとして混乱したのかも知れません。

物語のモデルとなったfacebookの開設者であるマーク・ザッカーバーグは、
この映画について「実話と同じなのは衣装だけ」と語っている。

source:http://www.cinematoday.jp/page/N0027780

どこまで現実に忠実なのかは知らないけれど、こんな世界があるのか!と。
良くも悪くも、絵に描いたようなアメリカらしさに溢れていました。
facebook、実は登録しただけで全く使っていない・・・機能が難しそうで。。
まず外国人の友達がいないからなぁ。少しずつ世界を広げていこう!

自分の直感のみを信じて運命に導かれるように動く。
低俗なエネルギーを高度な頭脳プレーに昇華させる能力を持つ。
それが天才なんだなぁと感じました。
そしてその成果物を利用しようとする打算的な奴が現れる。
この主人公は訴えられても仕方ないけど、それも不器用ゆえ。

成功劇を演じても結局、動機付けとなった問題は解決していない。
最後のシーンにより、本当の始まりはこれからなんだと期待できます。
イヤな奴だけど、それで良いんです。

それぞれの人物の心理をシッカリ作り込んであるので、
もう一度ジックリ観たいなぁと思わせられる映画でした。
スポンサーサイト
02:31 review | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。