09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Empathy or Sympathy

2011/02/25
「共感」という日本語を調べると、
シンパシー(sympathy)とエンパシー(empathy)
という2つの英語表現に出会います。
改めて今、その違いを明確にしておきたいと思いました。

以下、様々なサイトから考え方を拝借して、
自分の言葉による文章として再構築したものです。

国語の問題でいうと、「その時、主人公はどんな気持ちでしたか?」はシンパシー、
「貴方が主人公の立場だったら、どんな気持ちになりますか?」はエンパシー。
つまり、相手の気持ちが分かるという前提で考えるのがシンパシー、
相手の気持ちは分からないという前提で考えるのがエンパシー。

その違いを私の中の辞書で定義すると、次のようになりました。
シンパシー:感情移入による共感、情緒的、相手に同調して同じ意見をもつ
エンパシー:自己移入による共感、論理的、個々で異なる意見にもなりうる

これを日本人のように曖昧にしてしまうと、ヘトヘトに疲れてしまいますが、
欧米人(アングロサクソン系?)はその切り替えが上手いということが、
sympathy と empathy という言葉で明確に区別していることから分かります。
すると、グローバルコミュニケーションにおいて重要となる技法はエンパシーですね。

エンパシーを感じる相手は自分と同等とみなし、コミュニケーションをとりうる。
しかし、エンパシーを感じられないと差別意識というものが生じる。
エンパシーを感じない相手には、まず相手の中の人間性を掘り下げながら、
こちらがエンパシーを感じられる相手の中の魅力要素を見つけ、
相手に通じうる言葉を選別して、相手にもエンパシーを感じさせていく。

一方で、行き過ぎたシンパシーは危険を伴うように思います。
シンパシーを持てる相手というのは、ある意味では自己同一視された相手であり、
他者の中の自分自身を愛する、すなわち自己愛ということになります。
そして時には、自分と同じほど「あくどい」敵対的な相手に抱く場合もあるとのこと。
どうしようもなく好きな相手か、どうしようもなく憎い相手に対して、
何らかのシンパシーが作用しているようです。

日々の気付きについても、押しつけるのは厳禁ということが分かります。
「私が感じたようなことを、当然みんなも感じているだろう」
という考え方でいては学びに繋がらず、自分自身がおかしな展開になっていく。
自他を区別して観察する、という科学の基本となる態度が必要なようです。

用途さえ間違わなければ、どちらも素晴らしい能力ですね。
シンパシーは自分自身を癒すために、エンパシーは豊かな社会生活のために。
スポンサーサイト
12:02 thinking | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
いつも
難しいけどとても役に立つ知識を、有難うございます☆
共感力の記事でも「なるほど!」と思ったのですが、
昔から「シンパシーを感じる」とはよく言うのに「エンパシーを感じる」とは
日本人はなかなか言わなかったように思いました。

特に女性は昔から、「シンパシーを感じない相手」に対しては
子供じみた「仲間はずれ」のようなことをする場合が多かったですね。

「エンパシーをもてる」相手には「貴女はそう思うのね」と、
違う意見にでも耳を傾けることができ、
互いを認め合うことのできる「大人同士の付き合い」が出来ると思います。

自分のこれまでの人間関係において、ずっと疑問だったことが、
拝読してすごくスッキリ整理できた気がしました。
有難うございました~☆

リンク、勝手に貼らせていただきましたが
ご迷惑でしたら遠慮なさらず仰ってくださいね。
お久しぶりです
リンクして頂けるだなんて、とても恐縮です; ありがとうございます *^^*
ネットの世界では、既に色々なことを知っている人が自由に情報を発信していて、
問いに対する答えが必ず見つかるので、とてもありがたいです。

> 昔から「シンパシーを感じる」とはよく言うのに「エンパシーを感じる」とは
> 日本人はなかなか言わなかったように思いました。
確かに!日本人の傾向と、言葉の用法が合っていたのですね。
これからは、洋の東西を問わず、有意義な思想は取り入れていければ良いですね。

ふと、wildroseさんのご来訪と、この記事の内容が相まって、
「私はマイケル・ジャクソンになりたい。」と必死で想っていた頃の気持ちが蘇りました。
大袈裟かも知れませんが、あの頃の理想の自分がここにいるように感じられました。
私の強烈なシンパシーは、全てあの日から始まりましたから・・・
なので、そんな今日の車内BGMは「Heal the World」です *^^*

これからも、どうぞ宜しくお願い致します♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございます!
ticaさん、コメントをいただいてありがとうございました。

試行錯誤、そうですね、いろいろ考えていたりします。でも、自分が成長するためのことですので、私なりにやっていきます。いつかもっと笑顔になっるように。。。

ticaさんのセンス、とっても素晴らしいものをお持ちだと感じています。ぐんぐん、ぐんぐん、ジャックと豆の木みたいに、伸ばしていけたらいいですね!応援しています(^O^)

それでは!また!!(*^_^*)
こちらこそ
ありがとうございます!

私の言葉はいつも思い付きで無責任ですが、
それゆえブログという手段が合ってるのかも知れません^^;
これからも義務感によって歪ませることなく、正直に綴っていきます。

ahava@房さんが自由で豊かな日々を過ごせますよう、お祈り致します^^
ticaさんへ
>これからも義務感によって歪ませることなく、正直に綴っていきます。

それはいいことですね。
私は新しいテーマが見えてきたので、それに向かってまず行動!ってところです(*^_^*)

>ahava@房さんが自由で豊かな日々を過ごせますよう、お祈り致します^^

素敵な言葉をどうもありがとうございます。
ticaさんも、素晴らしき日々を過ごせる、そんな明るい心でいつもいられますように・・・
私も影ながら祈っていますね!

それでは~!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。