07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

父の影

2011/05/05
久し振りに、完全ヒトリゴト日記を書きます。
昨年から持越していた大掃除をしながら、考えていたことのひとつ。

ゴールデンウィーク後半戦は、母とディズニーランドへ行きます。
私達家族は在米中、毎年フロリダのディズニーワールドに通ってました。
亡き父は、当時キャプテンEOにハマってリピートしてたそうな。笑
そんな思い出を携えて、時間と空間を超えた父との繋がりを感じてきます。

第一子は父親に似ると言います。女の子は父親に似るとも言います。
年齢を重ねるにつれ、ますます自分が父に似てるような気がしてなりません。
共通点は、容姿や嗜好、トランペット、キャプテンEO、工場勤め?笑
私が英語を勉強するのは、父を乗り越える過程、いやむしろ結果だと感じます。

ただ、怠けもので面倒くさがりな性格のため、やっぱり初志貫徹できてない。
そんなところも父親ゆずりかも知れません?これは母親かな?
いえいえ遺伝子や環境のせいでなく、自分の弱さと逃げの姿勢の表れですね。

休みが長いと、あらぬ考えが浮かんできてしまいます。
捨てて拭いて整理して磨いて、部屋はスッキリ片付きました。大掃除終了!
スポンサーサイト
01:04 thinking | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
おもしろいね....
先日大阪の実家に帰った折に小学生~高校生 そして大学生時代は講師としてお世話になった塾の恩師に遭いました。そんとき言われたのは「お前もいいトシになってきたらオヤジさんに似てきたなぁ...」って。僕の外見のDNAは思いっきり母方なんですけど、僕の行動はオヤジそのまんまだそうです。自分も子をもつオヤジになり、そういうところを感じるとこがあります。「血は争えんなぁ..」と。そういうとこを楽しんでしまうといいかもしれませんね。
やはりそういう生まれ持ったものを否定せず大事にして、
伸ばせるだけ伸ばして個性にするのが良いですよね^^♪
そういう意味でも、親の生き様から学ぶのでしょうね。
これから何に興味を持つのか、お子さんの将来が楽しみですね☆
帰国子女やったんですねぇ…。
そうなんです。昔は帰国子女でした(あえて矛盾した表現を^^;)
今は、その経験をもっと生かそうと思ってます☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。