04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

となりのチルドレンたち

2011/10/10
私は毎日、複数の精神世界論を同時並行で徒然と考えているのですが、
その中でふと思い出したもののひとつをメモ的に残しておきます。

インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレン
というスピリチュアル用語をご存知でしょうか?
私はオカルト、心霊、宗教団体のような思い込みは嫌いですので、
心理学、哲学、脳科学といった現実味のある解釈をしたいです。

ご参考:インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレン

まず、反骨精神に溢れたインディゴチルドレンが先頭を歩き、
一貫性を欠いたものを片っ端から刈り倒して行きます。

その後、綺麗になった道を穏やかなクリスタルチルドレンが歩き、
より安心できる世界へと地ならしをするのです。

そして今、恐れを持たない純粋なレインボーチルドレンが、
惜しみなく与える存在として姿を現わし、応えようとしています。


コレって、輪廻からの解脱ということだと思うのです。
すなわち世俗的な束縛から解放されるということ。
具体的には、親世代からのトラウマの連鎖を断ち切ること。
例えば、社会的な地位が絶対だと思っている親の子供が、
色々な経験の末、人を人間性で評価する価値観に変わること。
すると孫はもともと偏った刷り込みが無く成長できます。

インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレンへの理解が進んできています。
ネット時代の情報網が一助となって、建前が次々と崩壊していき、
本音を隠せない状態となった今のこの社会が量産しているのだと思います。
端的にいうと、広義の「人類の進化」なのではないかと考えます。

自分自身は凡人のため、そんな使命を持った存在ではないです。
他人の悩みや家庭環境の相談に耳を傾けているうちに、
そのような人が周りにいることを確信するようになりました。勘ですが。
そんな今、これから自分がどう動くかが鍵となってきています。
インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレンをどう守っていくか?

今の私の関心事は、
『 人間はどこまで自由になることが出来るのか? 』
ということです。

以上、公開ヒトリゴトでした。
Thank U for reading:)

お腹が減ったので寝ます ...zzZ
スポンサーサイト
02:30 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。