07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

フェルメール展

2011/10/10
『 フェルメールからのラブレター展 』 に行ってきました!
炎天下での長い待ち時間と人混みで疲れ果てましたが、
フェルメールの光のタッチとラピスラズリの青を目に焼きつけました☆

テーマ性のある展示には、生きるヒントが隠されていて為になります^^
以下、カタログより。印象に残った言葉たち。

◆ 17世紀のオランダにみる母親像
家庭での日々の仕事を営む女性の描写は、
その仕事自体に精神性が付加されていたことから、おおいに人気を博した。
勤勉さや謙虚さ、敬虔さ、好奇心の強さ、
節約家であることそして忠実さといった美徳は、
無気力や怠惰、無精、大食、贅沢や貪欲に打ち克つものとされた。

◆ ルノワールの言葉
美術館に来る百万人の人間の中で、ただ一人でも芸術に強く動かされたなら、
それだけで充分美術館の存在理由はある。

同時に開催されていた 『 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 』 より、
ルノワールの作品 「 ポン・ヌフ、パリ 」 が気に入りました。

renoir_neuf00_convert_20111010203837.jpg

パリで感じられた眩しい光と風の香り、
そして清々しい気持ちが一瞬で甦ります。
スポンサーサイト
20:46 pastime | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
17世紀のオランダにみる母親像てとこええなあ、僕はそんな人に惹かれるわ。あと写真もいいと思うけど同じ風景をうつすなら絵画のがやっぱいいと思う。絵画なら目に見える実際のものよりもっとそこに含まれる見えない何かが感じえれるような(たとえ誇張だとしても)気がするからー
>17世紀のオランダにみる母親像
うん、やっぱり家庭での父母の義務って決まってるんだと思う。
もともと男女は違うように出来てるのに、完全に平等なんてあり得ないと思うよ。
女性にしかできない女性らしい役割ってのは必要不可欠だ!

>写真もいいと思うけど同じ風景をうつすなら絵画
そうやね、観る側だと断然、絵画やね^^♪
特に印象派は、普通の絵の具なのに「光」を表現できるとこが好き。
温度(温かさとか)や質感(柔らかさとか)のような、写真じゃ伝わらない感覚も伝わる。
ただ、個人で表現する分には何といっても写真は手軽なので楽しみます☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。