07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

人工海岸

2007/07/28
金曜の夜は、一番自由な時間。
サーキットみたいな阪神高速を抜け、芦屋の海へ。
夏の海の定番「大学生が輪になって花火」も見れて懐かしかった。
暑い夜に、人工海岸の波音が涼しげに響く。

どこの土地へ行っても、海は癒される。
4億年前に、多くの生命は海に別れを告げたけど、
体内には海を宿している。

海の風に包まれてると、だんだん海と陸の境目がなくなってく。
陸と空の境目も、空と宇宙の境目も無意味だ。
そのうち過去と未来の境界線も取り払われて、現在の私に還る。
スポンサーサイト
03:16 poetry | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
poemだね~。そしてticaさんはpoetだったんだね~。
ラスト3行の締め方がナイスやわ。オオッ!!って思った。
自己満足poemやけど、ありがとう~♪
やっぱ夏はアウトドアやね!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。