07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

150ナノなの

2008/04/08
細胞観察150ナノレベルまで可能──阪大、光学顕微鏡で新技術
2008/04/07配信

大阪大学の藤田克昌准教授らは、光学顕微鏡の識別能力(分解能)の限界を破る新技術を開発。
これまでの約200ナノ(ナノは10億分の1)メートルの壁を超え、150ナノメートルまで識別できる。
細胞内にある「ミトコンドリア」など様々な構造体の輪郭がわかるレベルだが、
さらに改良して50ナノメートルの分解能を達成すると、
生きたままの細胞内のたんぱく質がどのように動くかを詳しく観察できるようになり、
生命現象を解明する研究や医薬品開発などに威力を発揮する。


「光学」顕微鏡にも優秀なタイプがあるんですね!知りませんでした☆
最後に、上の記事とは関係ないけど、お馬鹿で可愛い記事も載せときます。
世界最小のトイレなど顕微鏡写真で見るミクロ単位のアートいろいろ
  
スポンサーサイト
21:23 tea break | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。