07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

やる気の変遷

2008/05/15
もともと 「 将来の夢は? 」 って聞かれても 「 う~ん・・・特にない 」 って子供でした。
以下、赤裸々です。

小学校低学年で、NHKスペシャルの 「 脅威の小宇宙 人体 (司会者タモリ) 」 に夢中になった。
小学校中学年ぐらいで、絵を描くのが好きだったので 「 漫画家になりたい 」 と母親に言ったら
「 才能が無いからやめなさい 」 と言われ、傷付き恥ずかしくなり身の程を知った。
小学6年生の時の自由研究で 「 太陽系の惑星 」 について調べ、学年代表に選ばれた。

そんなことは忘れていき、中学時代は夢のない日々を過ごした。
「 加茂名南小 」 は好きだったが 「 加茂名中 」 は好きになれなかった。

高校では 「 理系の女 」 がカッコイイと思い、理系に進んだ。
大学受験の時点で 「 宇宙の研究をしたい 」 と思ったが、理系科目が苦手なので諦めた。
「 心理学の勉強をしたい 」 とも思ったが、ただ単に心理テストが好きなだけだと気付いてやめた。
母親が医学・生物学系に進めというので、勉強した。

神戸へ行きたかったが、センター試験の国語で大失敗した。
6年間通ったが 「 徳大生物工 」 ブランドが最後まで好きになれなかった。
入学早々に 「 テキトーでも生きていけるやん 」 って間違った悟りをし、無気力な学生となった。
でも 「 野地研究室 」 で過ごした3年間で、そんな大学時代の膿を出し切ることができた。

就活で出合った 「 JCR 」 の会社説明会が面白くて、鳥肌が立ち、手に汗かいた。
キーワードは 「 先端医療、バイオテクノロジー、神戸 」
最終面接では緊張で言葉を詰まらせたが、その 「 素朴さ 」 が良かったらしく、内定を頂いた。
入社してから、社員のモチベーションの高さ、責任感の強さ、夢の大きさに感動。
今は、頑張れば何でもできる気がしてる。


私は 「 学生 」 の中にいるよりも 「 社会人 」 の集団に属してる方が落ち着きます。
先のことは分かりませんが、少なくともあと2~3年は、やる気を持続させることができそうです。
「 夢を持ちたい 」 という夢は叶ったので、次の夢に向かって。
   
スポンサーサイト
13:07 about me | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。