09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ドイツと日本と残業と

2008/05/16
残業の賛否について。
「ダラダラ残業」は、百害あって一利なしだと思いますが、
自分の可能性に「挑戦する残業」は良いことではないでしょうか?
仲間と助け合う「協力残業」も、第二の家族のような暖かい人間関係を生むかも知れません。
しかし「前倒し残業」は、仕事のエンドレスさに嫌気が差すかも知れません。
難しいところですね。
ってことで、今日は「日本人」「ドイツ人」「過労」でググってみました。


『 休むために働くドイツ人、働くために休む日本人 』
著者:福田直子 発行:PHP研究所



まず、タイトルが素晴らしいですね!まさに言い得て妙です。
ネットから抜粋したものをまとめてみました。


日本とドイツ。ともに敗戦から立ち上がり、世界で最も裕福な国の一つとして立ち直った両国。
しかし、これまでの既成概念として「勤勉」とされたドイツ人と日本人の働き方は全く異なる。

ドイツは先進国の中で、最も労働者の時間当たりの賃金が高く、有給休暇が多い一方、
労働時間が少なく、税金や社会保障費が高い国。
ドイツでは、週の労働時間を削減し、有給休暇は年に6週間もある。
労働時間は法律で厳格に限られていて、役人は朝7時から働くと、3時頃には家に帰ったりする。
カトリック休暇や超過勤務による代休はきっちり取らなければいけない。
体調不良は数日間休む、など「仕事ができない条件」が山ほどある。
従業員の過労を防ぐ「閉店法」なんてものまである。
限られた時間内で猛烈に働き、休む。
つまり、自分や家族との時間を得るために一生懸命働く。
更に、ドイツには現在、人口8200万人中、失業者が400万人ほど。
しかし、ずっと失業していても十分暮らせるだけの社会保障制度がある。

一方、日本人は仕事を一つのアイデンティティと位置づけ、「自己実現」とまで言い切ってしまう。
オンとオフを使い分けず、キャリアアップをめざしている。
人生のほとんどを仕事に費やし、まさに「働くために休日に身体を休める」というスタンス。

保護され過ぎているドイツ、保護が足りない日本。
経済大国の中でも、対照的なビジネス社会。
日本では「当たり前」「正しい」と思われてる働き方を、もう一度見直す機会を与えてくれる。



日本で育った私は、やはり仕事を誇りにしている人と話をするのが好きだな。
ただ、それは独身貴族だから言えることかも知れませんね。
とりあえず、今週は連休明けの残業続きで疲れたって話です。
スポンサーサイト
23:24 tea break | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ドイツ人の友達が、仕事が大変そうだから日本では就職したくない、って言ってたわ。
そりゃそ~やろな。3時に帰るとか、むっちゃ羨ましい。日本で役所が3時に閉まったら腹立たしいけど、自分も早く帰れるなら気にならないわ。私もドイツで生まれたら良かったな~。
うん、失業してても生きていけるぐらいやから、
趣味とか好きなことを仕事にして、楽しくやっていけそう!

北欧の国も、女の人が働きやすい社会福祉制度が整ってるし、
日本も早く追いついて欲しいよね~!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。