09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

秋葉原の件

2008/06/11
同い年なので、何か感じるものがある。
何が正しいか分からないし、偉そうなこと言える立場じゃないけど、これだけは言いたい。

「 人は、みんな、一人なんだよ 」

「 両親がテレビで謝ってるじゃん、一人じゃないよ? 」
「 人は助け合わなきゃ生きていけないよ? 」
・・・なんてのは全く慰めにならないと思う。
被告の目からは、親は親としての義務を果たしているだけにみえるだろう。
むしろ、自分は嫌われてるのに義務だけで優しくしてくれてると思い込むだろう。
そしてその気持ちを誰かに話すことは、自殺することより難しいのだろう。

もう一つ。

「 自分が思ってるほど、他人は自分のことを気にしてないよ 」

自意識過剰なんだ、って思うと楽になるよ。
関心や興味を他人に向けることだよ。相手を心から尊敬することだよ。
でもそれは、子供の頃に愛情をたっぷり受けてない被告には難しいかも知れない。
例えば、こんな本。

『 子供の脳は、肌にある 』

臨床発達心理学者によるスキンシップのすすめ。
成人の対人関係は、以下の3つに分類できる、という米国の研究。

安定型(56%) 他人と親しくなるのがたやすく、人間関係が好き
アンビバレント型(24%) 他人は自分が望むほど親しくしてくれない、と思う
回避型(20%) 他人と親しくするのが嫌い

この3タイプは、そのまま母子関係の母親3タイプに割合に対応していると著者は指摘する。

安定型(60%) 子供の要求にすぐに反応するタイプ
アンビバレント型(19%) なかなか反応しないタイプ
拒否型(21%) 拒否的に反応するタイプ

それは恋愛パターンをも支配しており、安定した人間関係で幸せに暮らせるかどうかと相関する。

母親とのスキンシップが多かった若者は安定型になり、アンビバレント型になりにくかった。
そして自分に自信を持ち、他人を信頼する傾向があった。
母親とのスキンシップが多いと依存型のマザコンになるというのは誤解である、と俗説を否定する。
父親との場合は少し異なり、回避型になるのを防ぐ傾向があったそうである。

スキンシップが子供の思いやりを育て、キレない脳をつくるのだと多数のケースで説明がある。

医療の現場でも患部への「手当て」が効果をあげることが報告されている。
心臓病の患者の腕に看護婦が手を当てるだけで心拍が下がって安定する。痛みが抑えられる。
こうした癒し効果は自分の手で触っても、他人のときほど期待できない。
肌にある末梢神経は脳に通じている。
他者とのリラックスした触れ合いはこの回路を起動させ、良い効果を挙げるようだ。


私が親になったら、自分も子供と同じ年齢になって遊んであげようと思った。

とにかく私は、被告と似たような心理状態になった時には、上の二つの言葉を唱えてます。
そうすると、フットワークが軽くなって、表情をくるくる変えることができるようになる。
亡くなられた方もいて、こんな時に不謹慎かもしれませんが、

「 楽しくいこうよ 」

楽しい人の周りには、楽しい人が集まるよ。
スポンサーサイト
19:24 thinking | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
うちの妹も、ticaちゃんと同じ年なんよね。
でね。その妹が言ってたんだけど、
ここ数年で、今回の秋葉原で起こった事件のように、
通常では理解できないような残忍な事件の被告人って、
82年生まれが多いらしいよ。。。
なんでなんやろうね?(((( ;゚д゚)))アワワワワ

ticaちゃんが言ってることは、すごくいいことだと私は思います。
ticaちゃんはきっと、いいママになれるね◎
そうなんです!!!
例えば酒●薔●聖●とか、バスジャックとか・・・
時代の転換点なのか? 82年生まれの人がキレ易い性格なのか?
私としては、この年代は大人しい人が多い気がしてます。
更に、ネットやケータイが思春期に広まり始めた最初の世代?
だから、現実社会でストレスを発散することが不得意、とか。

私は子供が苦手なので、いいママになれるかどうか(苦笑)
でも自分の子ができると、子供好きに変われるかも知れないですね!
私も子供を持つ親としてこの事件はかなり衝撃的だったので初コメントしました。。。
被告人のお母さんが泣き崩れている姿を見て心がすごく痛んで涙がでました・・・
これから現代社会で子供たちが壁にぶつかっても耐えていける精神をどう育てていけば身につけられるのかたまに悩んだりします・・
でも私はこれといってとりえはないんだけど親はよく私の事を褒めてくれました(^-^)そのせいか変に自分に自信はあって自分の事は嫌いじゃないかな・・
だから褒める事も大事な事ですよね★
ticaちゃんはすごくいろんな事を知っていて尊敬します(●^o^●)
私も少し人の目を気にしてしまう方だけどticaちゃんの言う通りでそんなに人って自分の事気にしてナイよね・・★
コメントありがとう☆

被告のお母さん、「息子が恐かった」って言ってたみたいやね。。
子供は親の思い通りにはならない全く別の人格なんだって、初めから覚悟しとかないとね。
そしたら、一人の人間として対等に付き合うことができるのかも。

子供と親の関係って、出会いの一つなのかも知れないね。
ほっちぃ(呼び捨てでいいのかな)は、良いお母さんに「出会えて」良かった!
お母さんに感謝できるほっちぃ自身も、いいお母さんになれてるってことだね☆

私は理想だけ言って実際には実践できてないから、尊敬できるような子じゃないのよ~。

管理者のみに表示
« カゼ | HOME | ビーチ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。