09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ノーベル賞の小柴先生

2006/11/02
が徳島大学で講演して下さいました☆
大学の創立記念日にちなんだイベントです。
メイン会場は満員御礼だったので、残念ながらモニターでの対面。

とても話し上手で、研究者らしい温和な人柄でした。
いい意味でドラえもんに見えて仕方なかったですw
素粒子の話が凄く分かりやすくて面白かった!
私は子供の頃、宇宙のことを考えるのが好きだったので、
ブラックホールとかビッグバンとかに非常にときめくのです♪

今回の講演の題目は「やれば、できる」でした。
スケールの大きい米国の研究室と競争して、
最後には日本人特有の繊細な仕事で見事勝利した話を聴いて、
こういう国柄の日本に生まれてきたことに感謝の念が湧きました。
小柴先生の言葉の一つ一つを覚えておきたいと思います。

こういう大物の講演では、人間観察するのも面白いですね。
年配の方がにやにや笑ってるのとか、挙動不審な高校生とかw
老若男女、初々しい気持ちを忘れずにいきましょう♪
スポンサーサイト
16:23 daybook | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
日本人のいいところは、
自分の限界の120%の力ですり切れながら
努力することらしいです。
これはお店のお客様であるお医者様のお言葉。
すり切れながら。。。。。
私には無理だぁ。
深いね~。
すり切れながらでも、それで本人が幸せならいいんやけど。
うちらの世代はそういう日本人らしい部分がなくなってきてるかもね。

私は・・・時間に余裕のある生活がしたいです (^_^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。