08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

もたつく権利

2009/05/21
結局、会社は行かんかった・笑

acのCMが好きです。
もたつく権利

気は若いんだけど、体がそれに付いていかず、
周りの空気を読んで焦ったあまり、怪我をしてしまった、とか。

人は、60歳になっても80歳になっても、
心の中は変わらないんよね。

ここで、佐野洋子さんについて。
絵本 「100万回生きたねこ」 の著者の言葉。
おんとし70歳。

「子供は天使っていうけど ちがう」
「子供は経験がないから想像力がたりない」


世間一般とは逆の発想で、新鮮。含蓄がありますね。

「100万回生きたねこ」 の主人公も同じ。
愛された経験があっても、愛することを経験してないので分からない。
それを経験するまでは、何回生まれ変わっても 「子供」
誰にでも、そういう他者の感情生活が分からない、
想像もつかない 「子供」 だった時期はあるのだと思います。
分かった時に、どれだけ深く相手が自分を想ってくれていたか、
どれだけ自分が何も知らなかったか、に気付くのでしょう。

そして

「わたしは今も子供のころもかわらない」
「中はかわってないのに外がかわる(老いる)」
「ほんとうの自分は袋のようなものから外をのぞいてるかんじ」


最近、つくづくそう思います。そう実感できる機会が多いです。
「子供心」 は、子供だけのものじゃない。 「自分らしさ」 だと思う。
60歳になっても80歳になっても、最期まで持ち続けるもの。
スポンサーサイト
23:13 thinking | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 休みボケが | HOME | 解放! »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。