10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

本は栄養

2009/06/17
今日は、バランスの崩れた身体をいたわるために、
自炊宣言(?)をして以降、初めて台所に立たなかった。
そのぶん時間があったので、ブレンドハーブティは作ったけど。

そして、読書の時間がタップリとできました。
「読む量」が「買う量」に追いついてなかったので、
すっきり気持ちよい充足感が得られました。

私が本を読むようになったのは、就職活動の前後です。
その頃はまだ、義務的な感じだったかな。

今まで本を読まなかったのは、面白い本に出会ってなかったから。
面白い本に出会ってなかったのは、探そうとしなかったから。
探そうとしなかったのは、本の面白さを知らなかったから。
本の面白さを知らなかったのは、今まで本を読まなかったから。
今まで本を読まなかったのは、・・・エンドレス!

この波長の低いループを抜け出すキッカケをくれた一冊は、何だっただろう?
覚えてない。本のイメージが「嫌悪」から「栄養」に変わった瞬間。
価値観が180゜も変わるキッカケって強烈なはずやのに。
ぼんやりと、科学の新書だったような気はする。
それとも、複数の本の相互作用で徐々に、かな?


今日の読みかけ本の中から、文章をひとつまみ。
その想像力を刺激する表現に、思わず赤ボールペンを手に取り、ぐりぐりと線を引いた。

   私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている分子のゆるい「淀み」でしかない。
   つまりここにあるのは、流れそのものでしかない。


何の本か分かるかな?
感想を語るには早過ぎます。読了したら書きます。
スポンサーサイト
00:00 daybook | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 笑顔 | HOME | 背中に激痛 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。