07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Jesus and Michael

2009/07/21
死を惜しまれる人というのは、時代が必要としている人だそうです。
生前は敵が多くとも、死後に評価される人。

イエスは十字架にかけられ、マイケルはゴシップにさらされました。
それでもなお人類を愛し、最期は人類の罪をかぶるように亡くなりました。
ちなみに私はキリスト教徒ではありません。無宗教です。
「人間が神格化される」という現象を、興味深く見つめているだけです。

アルバム 「INVINCIBLE」 を聴きながら、詩集 「Dancing the dream」 を読んでたら、
時間と空間の境目がなくなり、浮遊して溶け込んでいくような気分になりました。


インヴィンシブルインヴィンシブル
(2001/10/29)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る

最後のオリジナルアルバムとなった 「INVINCIBLE」(2001) については、
初めて聴いた時はガッカリしたんです。単調で耳に残らない曲ばかりだな~と。
全盛期じゃないから、という先入観もあったと思います。
それに、2000年前後の境遇を思わせる、悲しい歌詞ばかりだと感じたから・・・
でも、マイケルの世界を知りたいと聴き込むうちに、病みつきになってきました。
凄いエネルギーを感じます。表面的でなく、底から湧き上がるようなエネルギーです。
「全曲がシングルカットされても良いぐらいのクオリティ」 と本人が言うだけある。
昔から変わらず、曲のタイトルがメロディーのキメになってるところが好きだし、
声には深みが増してるし、丁寧で繊細に時間をかけて創り込んでるのが分かります。
(ただ、ラップの部分は個人的に苦手なので、私には蛇足ですね。)
ラブソングの割合が多いのが新鮮でした。誰を想ってたのでしょう?
ソニーとの関係悪化のため、音楽活動を抑制させられていたのが可哀想です。
本当は、もっと売れたはずなんですよね?SFも創らせてくれなかったとか。。


DANCING THE DREAMDANCING THE DREAM
(1992/06/01)
Michael Jackson

商品詳細を見る

2作目の著書である 「Dancing the dream」(1992) は、ネットで読んでます。
マイケルの詩の世界が好きです。スケールが大きくて想像力が膨らむものが好みです。
その中の一つを紹介。このサイトは和文しかないですけど。いつか本物を買おうと思います。

Are YOU listening? / 聞いているかい?

(一部抜粋)

僕のこの体は 絶え間なく変化するエネルギーだ
時の流れの中で 幾千年が過ぎ いくつもの時代が移ろい
僕は隠れんぼをしながら まばたきする間に
現れては また消えてゆく

僕は分子
僕は波
光の速さでぐるぐる回る
・・・


マイケルのようなスーパースターの場合、死後の方が身近に感じられるかも知れません。
でも、もっと沢山の歌声を聞きたかったし、もっと沢山の言葉を読みたかったです。

人はいつか死ぬんだ、逆境だからこそ輝きが生まれたのだ、と考えるしかないですね。
マイケルの思想は、これからもずっと、私の心の拠り所となることでしょう。
スポンサーサイト
23:59 review | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
私もdamcing the dreammの一部を読んで
こんな美しい詩がかける人が
あんな犯罪おかすわけない!と確信
しました。確かinnosenceて詩が心に
ドーンときました。マイケルってものすごく感じやすいうえに、頭がいいんだなあって思いました。

invincible大好きです!はじめの曲の
かっこよさに度肝をぬかれました!
一番大好きなアルバムです。
innocence / 無邪気さ
http://bluemoon.fem.jp/dancing/main_j/dancing_4.html

>無邪気さが消えると、
>もっと複雑な事柄がそれに取って代わる。

>ありあまるほどのエネルギーを、
>我が身を守ることに費やしている。

ほんとに頭がいい人ですよね!
人間の本能的な「生きる」衝動を理解してるし、的確な言葉で表現してます。
私も強くなろう、と勇気をくれますね。

色々ときっかけを与えて頂き、ありがとうございます!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。