09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ココ・シャネル

2009/09/17
私は、めざましテレビを情報元というよりタイムキーパーとして利用してるのですが、
今日はココ・シャネルの生涯がダイジェストで語られて、(珍しく)有意義でした。
朝の短い時間に、効率よく感動を与えてくれました。

大塚さんの締めの言葉が(珍しく)良かったです。
ちゃんと覚えてないけど、「もともとは動きやすくカジュアルな服装というコンセプトだったのに、
今では高嶺の花のようなブランドイメージだね。」 みたいな感じ。

もちろんコンセプトというのは、後世の人間によって移り変わっていくものですが、
創始者自身の理想を学び、そのイメージを正しく伝えることが、私達の大事な役目ですね。

映画 『 ココ・アヴァン・シャネル 』 オフィシャルサイト

coco-chanel.gif

孤児から社交界の頂点にまで登りつめ、まさにシンデレラストーリーを体現した人。
ココ・シャネルの魅力は、デザイナーとしての実力はもちろんですが、
強靭な向上心を生涯に渡って維持し続けたという、天才特有の性格にあります。

時に、天才とは何だろう?
一言で表すと、「世の中を良い方向へ導いてくれる人」だと思います。

まず天才は、細分化された既成概念に違和感を抱き、不自然だということに気付く。
そして物事をより大きく捉え、最も自然なベクトルを見つけて進んでいく。

一般に人間は、安定を好み変化を嫌います。これは動物的な防衛本能です。
つまり、動物は生きるために不安のない安住の地を求める。
一旦安定してしまったら、変化すること、つまり死ぬ可能性が高まることを恐れる。
だから、現状を破壊して理想を追い求める行為は、極めて理性的だといえます。
ここでいう「理想」は、「欲望」とは正反対のものです。「人間」と「動物」の違いです。
まぁ、天才ってのは欲望の方も強い場合が多いですけどね。

天才にとっての努力は、理想を叶える過程であり、努力自体が目的ではない。
むしろ、努力しないことが耐えられないのかも知れない。

また、人間は同じレベル同士で群れるけれど、
天才にとって同じレベルの人間ってのはそうそう居ないから、孤独になる。
だから、彼らを理解しようとすること、自分のレベルを少しでも上げようとすることが、
より大きな幸せに繋がることなのかも知れない。そんな気がします。
スポンサーサイト
17:04 tea break | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 仕事が一番 | HOME | 印象派 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。