09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

蝶の舌

2009/10/22
蝶の舌 [DVD]
(2002/03/22)
フェルナンド・フェルナン・ゴメスマヌエル・ロサノ

商品詳細を見る
chonosita.jpg

スペイン映画って、初めて観たかも?
蝶は「マリポーサ」なのね。綺麗な言葉。
内戦の頃(70年前?)が舞台らしい。
土埃の匂いまで伝わってくる、自然な風景描写。

主人公は、繊細で傷付きやすく病気がちな少年。敏感な分、心優しい。
そして、人の道にまっすぐな老教師。恐そうな容姿とのギャップが、より深みを増す。
冒頭で2人がすぐに信頼し合うとこから、物語の雰囲気に引き込まれました。

でも2人のエピソードは、最後のメッセージを伝えるための長い序章だったんですね。

先生が生徒に教えたこと。
叩かないで、気付くまで待つこと。
自然の中にある幸せを見つけること。
蝶の舌が、渦巻いていること。
善人が幸せになるとは限らないこと。

この少年は、どんな大人になったろう。

歴史は、心優しい人間がいつも政治の犠牲となっている事実に対して、常に無関心である。
それだから私は高校時代、世界史が苦手で、倫理が得意だったのだろうか。
(いやいや関係ない、単に記憶力が無いだけでしょうよ。笑)
スポンサーサイト
23:08 review | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。