07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Orianthi

2009/10/23
THIS IS IT で共演している Orianthi Panagaris(オリアンティ・パナガリス) について。

20091018010932846.jpg

オーストラリア出身の女性ギタリストだそうです。弱冠24歳!
マイケルは若手を起用するのが好きでしたからね。
自身も24歳でスリラーだった訳で・・・改めて才能の世界だなと。

オリアンティは、11歳でカルロス・サンタナに衝撃を受け、14歳でデモを送ったら、
「ライブがあるから、サウンドチェックにギターを持って来てくれ」
と、サンタナからの招待状が届き、行ったらその日のライブでいきなり共演!
まだ若いのに、10年も前の話ですよ。

ギターは詳しくないですけど、割とブルージーな雰囲気。声も良い!
Crossroads 2007


Now Or Never - Orianthi - 2007


さすがマイケルが選んだギタリスト。とても魅力的です。
ロンドン公演で、彼女はキーパートの役目を果たす予定でした。もちろんソロもあり。
ジャンルの異なるアーティストとの共演により新しい要素を取り入れ、
常に進化し続けるのが 「MJ精神」 ですね。


オリアンティの言葉
「 マイケルは素晴らしいオーラがあり、美しい心を持った人でした。 」

オリアンティの母の言葉
「 娘はマイケルとプレイできなくなってガッカリしているのではなくて、
 ただ彼の死を悲しんでいます。彼は素晴らしい人だから、
 世界中の人が、彼女がこの3ヶ月間一緒に仕事をして知るようになった、
 その同じマイケルを知ってもらえたら良かったのに、と言っていました。
 世界中の人が、毎日バンドが経験してきたことを体験できないのが、
 すごく悲しいと言っていました。 」

[source]


オリアンティは、追悼式でマイケルのソロパートを歌ってくれました (1:05~)
We Are The World Heal The World - Michael Jackson Memorial


この壇上の人たち、ちゃんと調べておかなきゃね。
映画で会えるのを楽しみにしてるよ!
スポンサーサイト
20:11 favorite | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« ウェルかめ | HOME | 蝶の舌 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。